現地で買えない持ち物は?フィリピン短期留学で事前に準備するもの

見知らぬ土地では、何が必要になるかわかりません。日本では当たり前のように手に入るものが、外国では入手困難な場合があります。フィリピンへの短期留学の際にも、持ち物は抜かりなく準備しておきたいところです。
今回は、フィリピンの短期留学に必要になるものや、持って行くと役立つもの、持っていく必要のないものをご紹介します。留学にかかる費用を、少しでも抑えるための情報として役立ててください。

現地で買えない持ち物は?フィリピン短期留学で事前に準備するもの

フィリピン留学に欠かせないもの

  • まずは、フィリピン留学の必需品となるものについてご紹介します。以下のものがないと、フィリピンでの生活に苦労してしまうかもしれません。急に用意できないものもあるため、あらかじめ準備しておきましょう。

  • 国際キャッシュカード

    ごく短期の場合は、あらかじめ用意しておいた現金のみで生活できるかもしれません。しかし、2週間以上滞在するような留学の場合、国際キャッシュカードを用意しておいたほうが無難です。「plus」、もしくは「cirrus」のマークが入ったカードであれば、現地のATMでお金を引き出せます。外出時にお金が必要になった際はキャッシュカードを利用し、安全のためにあまり現金を持ち歩かないようにしましょう。

    国際キャッシュカード
  • ノートPC

    ノートPCは、勉強に関することや現地の情報を調べる際には必需品となります。学校の寮にはWi-Fiが備わっていることが多いため、インターネットは問題なく利用可能です。ビデオ通話のアプリなども、日本にいる家族や友人に連絡をとる際に役立つでしょう。
    ノートPCを持っていない場合は、タブレット端末やスマートフォンでも代用できます。

    ノートPC
  • トイレットペーパー

    日本からフィリピンに行く際には、トイレットペーパーを持参していきましょう。意外に思われるかもしれませんが、フィリピン内のトイレには、トイレットペーパーが備わっていないことがほとんどです。
    現地のスーパーマーケットで購入することはできますが、到着した直後では買い物をする余裕はないかもしれません。空港から寮までの移動を考えると、日本から1つは持参したほうが安心です。

持って行くと便利なもの

  • 続いては必須ではないものの、持って行くと何かと役に立つものをご紹介します。スーツケースに余裕があれば忍ばせておくと良いでしょう。

  • 防寒グッズ

    フィリピンは南国であり、1年を通じて暖かい気候を保っていますが、問題は屋内の冷房が効きすぎて寒く感じてしまうことです。寮内では、過剰に冷房が動いていて、寒さを感じてしまうことがあるかもしれません。いろいろな国から生徒が集まっている場合、それぞれが体感している温度もさまざまです。冷房が効きすぎている時に羽織れる防寒グッズは持っておいたほうが良いでしょう。

  • 虫よけ・塗り薬

    フィリピンでは1年を通じて蚊が飛んでいます。虫よけの薬は現地のドラッグストアなどで購入できますが、刺された患部に使用する薬で効果的なものは、売っていることが少ないようです。心配な方は、日本から塗り薬を持って行くことをおすすめします。頻繁に使わないのであれば、1つか多くても2つ持って行けば十分でしょう。

    虫よけ・塗り薬
  • 爪切り

    「爪が伸びてきたのでフィリピンで爪切りを探したが、どこにも見つからなかった…」というケースが多いようです。現地にもないわけではありませんが、それほどスーツケースのスペースをとるものではないため、日本から持って行ったほうが良いでしょう。

  • 目薬

    フィリピンには目薬を使う週間がありません。ドライアイなどで日頃から目薬を使用している方は、忘れずに持って行くようにしましょう。また、目薬に限らず日常的に使用している薬がある方は、必要分を日本から持って行くのが賢明です。

持って行く必要のないもの

  • 余計なものを持って行かないことは旅の基本です。以下のようなものは持って行かなくても困らないため、ぜひ参考にして留学費用を少しでも抑えましょう。

  • ドライヤー

    フィリピンの電源規格に対応しているドライヤーがあれば、持って行っても良いでしょう。対応していない場合は変圧器を購入して使用することもできますが、現地で購入したほうが安いケースがほとんどです。

  • 生理用品

    生理用品は現地で購入可能です。日本のメーカーが作っている生理用品のほうが質は高いようですが、こだわりが特にないのであれば現地で用意しても問題ないでしょう。

  • シャンプー、リンス

    生理用品同様、シャンプー、リンスも現地で購入可能です。また、海外流通しているブランドであれば、フィリピンのドラッグストアやスーパーマーケットでも手に入ります。

  • おわりに

    今回は、フィリピンの短期留学に必要になるものや、役立つもの、持っていく必要のないものをご紹介しました。
    フィリピンでは、基本的に生活必需品に関しては買いそろえることができます。しかし、日本にしかない便利なものや日本製ならではの品質のものは、入手困難だったり高価だったりするため、日本から持って行きましょう。
    フィリピンへの留学を検討しているのであれば、費用の計算として参考にしてみてはいかがでしょうか。