フィリンピンで訪れないほうがよい地域

留学をする際に心配なことの1つが治安です。フィリピンにも、比較的治安がよい地域と悪い地域があります。フィリピンの地域別の治安についてご紹介します。

地域別の治安状況

  • 比較的治安のよいセブ島

    フィリピンの中でも、セブ島は比較的治安のよい地域です。国際的な観光都市であり、政府も安全確保に力を入れている地域であるため、犯罪発生率はフィリピン全体の平均よりも低くなっています。

    セブ島
  • 犯罪件数が多いマニラ

    マニラはフィリピンの政治や経済の中心地であり、高層ビルやショッピングセンターなどが立ち並び多くの人が集まる街です。その分、マニラの犯罪率はフィリピンの全国平均よりも高く、決して治安がよいとはいえません。
    フィリピンの語学学校ではしっかりとしたセキュリティを整えていまして、中でもマニラの語学学校では警備に力を入れています。語学学校の多くは全寮制で、学校の中は安全が保たれています。マニラは比較的犯罪件数の多い地域ですが、自分の身は自分で守る意識を持って安全対策を講じれば、危険を減らすことはできるでしょう。

    マニラ
  • 渡航中止勧告の出ている一部のミンダナオ地域

    フィリピン政府軍とイスラム反政府武装勢力との戦闘があったミンダナオ地域は、日本の外務省から渡航中止勧告が出ている地域です。テロ事件による死傷者も出ているので、中止勧告が解除されるまではミンダナオ地域には近づかないようにしましょう。

  • フィリピンでの危険を回避するには?

    フィリピンに限ったことではありませんが、海外で生活をする際は自身の行動に注意する必要があります。危険地域には近寄らないこと、夜遅くに出歩かないこと、多額の現金を持ち歩かないこと、ブランド品を身に着けたり、あまり華やかな恰好をしたりしないことなど、注意すべき点を意識して行動しましょう。
    日本でも殺人事件や盗難などさまざまな事件が起こりますが、海外に比べると治安はよい方です。日本の治安に慣れている日本人が海外でも日本と同じような行動をしていると危険な目に遭うこともあります。フィリピンの治安について把握し、なるべく危険な場所には近寄らないようにしましょう。