一行日記を英語で書こう!日々の積み重ねで着実に向上する英語力

「英語を勉強する」と聞くと単語を暗記し、長い英文を読み、リスニング教材を聴くなどのようないわゆる「勉強」のイメージが強いかと思います。でも、いつも肩を張って勉強ばかりすると疲れがたまり、なかなかモチベーションが上がらないという方もいるでしょう。
気分転換する意味でも、楽しみながら、しかも成長を感じながら英語を勉強できる日記を利用してみてはいかがでしょうか?今回は、英語で一行日記を書くことについてご紹介します。

一行日記で英語力が向上

アウトプットの大切さ

  • 英語に限らず、知識はインプットとアウトプットを重ねることで定着してきます。インプットだけ行っていると知識は蓄積されても、いざというときに使い道が分からないというシーンが多くなるでしょう。
    英語でいえば、単語の意味を大量に暗記(インプット)したとしても、実際に使って(アウトプットして)いなければ単語のニュアンスも使い方も分からず、結局身に付きにくいということになります。
    インプットももちろん大切ですが、同じくらいアウトプットも大切だということを覚えておくと学習がスムーズに進むでしょう。

    アウトプットの大切さ

日記がアウトプットにおすすめできる理由

  • アウトプットの方法として、スピーチや英会話などのスピーキング、ライティングなどが挙げられますが、これらの中で一番気軽に取り組めるものがライティングです。

    スピーチは論理的な文章を組み立てて、自分の意見を誰かに伝えることを目的としているため、ある程度の長さの文や主張が必要です。1人で行うにはかなりのモチベーションが求められる上、現実的ではありません。また、英会話は当然話し相手がいないと成り立たないことも、ハードルを上げている要因の1つでしょう。

    一方ライティングであれば、その中でも日記であれば主張や意見など難しいことは一切考えずにその日起こったことや思ったことなどを書きつづるだけなので、気軽に始めることができます。
    書く量も特に決まりはなく好きなだけ書けば良いため、気負うことなく継続できるのではないでしょうか。

    また、日記を書いていると単語のスペルが分からなくなったり、言いたいことを的確に表現する単語が判断できなかったり、ちょっとした壁にぶつかります。壁にぶつかる度に辞書を引いたり参考書を見たり、インターネットで情報を得たりしながら日記を書きましょう。自然と単語のニュアンスや使い方が分かってくることも、一行日記をおすすめする理由の1つです。

まずは一文から始めてみる

  • 日記を書くといっても、長文で何ページも書く必要はありません。初めは、簡単な文法でたった一文でも良いので何か書いてみてください。基本的に日記を書くときは、出来事や感じたことなどを中心に書いていくと思います。

  • 出来事を書く

    何を書いたら良いか分からないときは、ひとまずその日起こった出来事を書いてみましょう。特に日記にするような出来事がなかったとしても、天気のことや自分が起こした行動など、パッと思いつく簡単な内容から始めてみてはいかがでしょうか。


    例)

    今日は晴れだった→It was sunny today.

    今日は友達に会った→I met my friend today.

    友達と映画を見た→I watched a movie with my friend.

    仕事でいつも疲れている→My work always makes me tired.

    お風呂が最高の癒やしだ→Taking bath extremely relaxes me.

    彼とけんかしてしまった→ I had a quarrel with him.


    難しい単語や文法を使わなくても、出来事や経験したことを端的に表す文を書くことはできます。できるだけシンプルに表現することが大切です。

  • 思ったこと、感じたことを書く

    出来事の他にも、1日のうちに自分が感じたことやある出来事に対して思ったことなどを書くこともおすすめです。


    例)

    仲の良い友達に会えてうれしかった→I was glad to see intimate friend.

    もっと勉強しなきゃなぁ→I have to study more.

    もうあんなミスは二度としない→I won’t do such a mistake anymore.

    新しいことにチャレンジしてみたい→I really wanna try something new.

    どうやったら仕事がうまくいくだろう→How does my work go well?

    新しいシステムが機能していると思えない→I don’t think the new system work well.


    自分が思ったことであれば何を書いても構いません。大事なことは、思ったことを英語で表現しようとすることです。もちろん、知っている単語や書き方だけですべて表現できるとは限りませんが、そのときこそが辞書などを使って単語のニュアンスや表現方法を学べるチャンスだと思いましょう。
    同じ内容でも、さまざまな言い方をしてみるのも他のことに応用が利くおすすめの勉強法です。

    思ったこと、感じたことを書く

文章をつなげて長くしてみる

  • 初めのうちは、シンプルな文を3文程度書くだけで十分ですが、1週間、2週間と続けていくうちに英語で日記を書くことに慣れてきます。1文ずつでは物足りないと感じてきたら、分けて書いていた内容を1文にしたり、内容をもう少し掘り下げて長い文を書いてみたりしましょう。


    例)

    I was so tired because my work was really hard for me. But this is exactly the time when I should take a bath.
    →仕事がきつくてかなり疲れたなぁ。でもこんなときこそお風呂に入るのが最高なんだよな。

    I couldn’t do well my presentation, so I wanna know how to make it better.→
    プレゼンテーションがうまくできなかったから、どうやったらもっとよくできるのか知りたい。


    文章をつなげて長くする
  • おわりに

    英語をアウトプットするために気軽に取り組める方法の一つとして、日記をご紹介しました。特に難しいことを書こうとはせず、日本語で日記を書く感覚で思ったことや出来事をつづってみてください。
    単語のニュアンスやスペル、使い方などが分からないときには逐一調べることを習慣付けると良いです。短くても毎日続けてみると、次第に英語で何かを表現することに抵抗がなくなり、よく使う表現はスラスラと出てくるようになるでしょう。
    英語力を上げたいと思っている方は、単語や文法の整理、文章力の向上にもつながる日記をぜひ書いてみてはいかがでしょうか。