海外留学に役立つローンとは

海外留学に利用できるローンは存在します。自分が望む留学をするためにも、資金の準備方法については十分に知っておきましょう。

国の教育ローン

海外留学に使用できるローンには、日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)があります。融資の対象は、学校に入学または在学する子供の保護者で、世帯年収が一定の金額以下である必要があります。

世帯年収の条件は子供の人数によって変わり、子ども1人の家庭の場合、給与所得者で790万円以内、事業所得者で590万円以内です。

ただし留学資金として融資を受ける場合、原則6ヶ月以上の留学に限られ、学校も外国の高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院だけという制限あることには注意が必要です。

国の教育ローン

一般金融機関の教育ローン

一般金融機関の教育ローンは、銀行や信用金庫、信用組合など各金融機関が取り扱っているもので、子どもの進学の資金として保護者に貸し付けをしています。
教育ローンは一般的に国の教育ローンより金利は高いですが、後述するフリーローンよりは金利が低くなっています。

フリーローン

特に利用目的を制限していないもので、銀行や信用金庫などにおいて多目的ローンと呼ばれています。
使用目的が制限されないのですが、教育ローンに比べて金利が高めです。

ローンをお得に使用する方法

ローンの返還方法の一つに、元金据置があります。この方法は、一定期間は元金の返済をせずに利息のみを返済するというものです。
元金据置を利用すれば、働くことが難しい留学期間中は返済額を低く抑え、帰国後に本格的に返済していくということができるようになります。

教育ローンは各金融機関でキャンペーンを行っている場合があります。一定の期間中の借り入れやインターネットでの申し込みで、金利割引が受けられることもあるので、いろいろな金融機関をチェックしてみましょう。

また留学先を明確に決めて、自分の留学先の学校に合う条件のローンを探すようにしましょう。

ローンをお得に使用する方法