語学を活かせる仕事とは?

語学留学で培った英語力を活かせる仕事は様々あります。今回は翻訳と貿易事務について、詳しい仕事内容をご紹介しましょう。

語学を活かせる仕事とは?

翻訳の仕事

翻訳の仕事には大きく分けて実務翻訳、出版翻訳、映像翻訳の3種類があります。

実務翻訳は「ビジネス翻訳」とも呼ばれ、ビジネスの場で必要となる契約書や仕様書などあらゆる文書を翻訳します。実務翻訳が必要となる業界は様々で、例えば医療、法律、機械、金融、化学などが挙げられます。このように専門的な分野の翻訳を担当するには、翻訳家自身が業界そのものや業界用語などについて熟知していなければなりません。実務翻訳においては、特定の業界専門の翻訳家が活躍するケースが多くあります。

出版翻訳はあらゆる語学で書かれた書籍や雑誌などを日本語に翻訳します。出版物のジャンルは多岐にわたり、例えば小説ならファンタジー、SF、ホラー、歴史など、雑誌なら、ファッション、経済、ライフスタイル、映画、音楽など、幅広い分野に広がっています。また出版物はとくに時代とともに使用される言葉も変化していくため、流行語やスラング、比喩、ダジャレなどをもらさず把握しておく難しさがあります。

映像翻訳は、映画やテレビなどの映像分野における翻訳を行います。映像翻訳には、字幕翻訳と吹き替え翻訳があり、それぞれまったく違った内容の仕事といっても過言ではありません。字幕翻訳は1場面ごとに文字数制限がある中で、必要な情報やその量を考えます。吹き替え翻訳は、話し手の口の動きや息継ぎのタイミングを加味してセリフを調整します。とくに映画やドラマなどの映像翻訳では、感情や背景を踏まえた上での翻訳が求められます。

翻訳の仕事

貿易事務

貿易事務は、輸出入に関わる事務業務です。貿易事務は、商品輸出入の工程で発生する、書類作成や入力業務、スケジューリングなどの幅広い作業を行います。電話やメールにも英語で対応するため、ビジネス英語が使えることはもちろん、書類作成における正確性、コミュニケーション能力なども求められる仕事です。

貿易事務