海外で困ったときに日本大使館がしてくれること

日本大使館や領事館では、海外で日本人が困ったことになった時に保護をしてくれたり、サポートをしてくれたりする施設です。留学先で生命の危機にさらされている日本人を保護するのは、日本大使館における最優先任務のひとつとなっています。

海外で困ったときに日本大使館がしてくれること

日本大使館の役目

  • 大使館の主な役目は相談に応じること

    日本人が海外で事故や緊急入院をした際、相談に応じるのが日本大使館の役目です。主に弁護士や通訳に関する情報提供や、日本人が利用できる病院や医師の紹介をしてくれます。またそういったトラブルに巻き込まれた際に、本人が動くことができない場合は、本人に代わって医師から状態を聞いた大使館職員が家族に連絡をしてくれます。こうしたケースは、現地警察や保険会社への連絡も必要なので、本人が対応できない場合、代わりに連絡をしてくれるのです。

  • パスポートの再発給も大使館の役目

    日本大使館は、パスポートや荷物の紛失した際にも利用可能です。現地警察への届け出方法や、家族からの送金を依頼する方法などを教えてくれます。パスポートを紛失してしまった際は、大使館にパスポートの新規発給してもらいましょう。ただし、パスポートの発給には手数料が必要であるほか、写真や戸籍謄本が必要となる場合があります。

    このほかにも、日本大使館では行方不明者の捜索願に関する助言や、自然災害における安否確認なども行っています。海外旅行や留学の際には、万が一に備えて渡航先にある日本大使館の場所を把握しておきましょう。

    パスポートの再発給も大使館の役目
  • 日本大使館では問題解決できないケースも

    このような日本大使館のサービスも、渡航先の国における法律や制度によっては適用されないこともあります。また、海外でトラブルに巻き込まれたときに支援してくれる大使館ですが、犯罪の捜査や取り締まり、犯人の逮捕などは行うことができません。くわえて医療費や移送費用の負担、病院との交渉などもサービスの対象外となっています。

    そのため、海外におけるトラブルを避けるには、個人の努力も欠かせない要素であることを留意しておきましょう。自分の身は自分で守るという意識が大切です。

  • ボランティア留学

    語学を勉強する以外に、現地の人との交流を深めたいという場合は、海外でボランティアをするという方法があります。ボランティアの種類も豊富で、環境保護や動物保護、社会福祉、教育など自分が興味のあるものを選ぶことが可能です。ボランティアで集まる仲間は同じ目的や興味を持っている場合が多いので、言葉の壁を越えた交流がしやすいという魅力があります。