フィリピンのネット環境は?
留学中のポケットWiFi購入・利用方法

日本では、いつでもどこでもインターネットを使えることが当たり前です。しかし、フィリピンではまだネット環境が整っておらず、正直便利とは言えません。
そこで今回は、フィリピン留学中でも快適にインターネットを楽しめるように現地で使えるポケットWiFiについてご紹介します。購入方法や利用方法など、フィリピン独特のシステムがあるので、ぜひ留学前に1度目を通してみてください。

フィリピンのネット環境は?留学中のポケットWiFi購入・利用方法

フィリピンのネット環境

フィリピンのネット環境

日本は、世界の中でもネット整備が進んでいる国の1つです。電波の届く範囲が広いだけではなく、ほぼ不自由ない安定した通信速度を保っているネット先進国でしょう。
しかし、東南アジアはエリア全体で見ても決して良いネット環境が整っているとは言えず、フィリピンはその中でもかなり通信速度が遅い国です。
2014年に世界190カ国の地域を対象に行った通信速度調査では、日本は第9位で40.89Mbps、対してフィリピンは第158位で3.54Mbpsでした。単純に計算するとフィリピンの通信速度は、日本の12分の1程度にとどまります。
速度は遅いですが、ホテルやレストランなど公共の場の多くでは、フリーWiFiが通っていることが日本とは違う点です。しかし、フリーWiFiの中には安定していないものも多く、大人数が同時に使用するため、速度が遅くなることもよくあります。そこで、おすすめしたいものがポケットWiFiです。

WiFiの購入方法

フィリピンで快適なインターネットを楽しむには、個人用のポケットWiFiを購入することをおすすめします。
ポケットWiFiは、ショッピングモールなどに入っているサイバーゾーンやモデム機器を取り扱っているお店で手に入ります。日本と大きく異なる点が、購入時の複雑な手続きが一切なく、契約書を書く必要もありません。そのため、日本でのキャリア契約に比べてかなりスムーズに購入できます。日本のドコモ、au、ソフトバンクのように、フィリピンにも主要の通信会社があり、SmartかGlobeのポケットWiFiがよく使用されています。

Smart のLTE回線のポケットWiFiを使えば最も速度が出ますが、モデム自体の値段は約4,000ペソ~約5,000ペソ(約9,200円~約1万1,500円)と若干高めです。

GlobeのポケットWiFiはLTE回線で約3,500ペソ(約8,050円)、速度は落ちますが4G&3G回線で約1,500ペソ(約3,450円)と、値段はリーズナブルです。
ただし、いずれもモデムの値段が下げられて売られていることもあるので、参考程度にとどめておいてください。

ポケットWiFiの利用方法

WiFiの購入方法

ポケットWiFiを実際に利用するには、フィリピン独特のシステムがあり、以下の手順を踏みます。

  • 1.SIMカードを取り付ける

    SIMカードを取り付けないと、ポケットWiFiは動きません。通常はポケットWiFiとセットになっていますが、ない場合は100ペソ(230円)程度で購入できます。

  • 2.ロード(チャージ)を行う

    フィリピンでWiFiや携帯電話を使うためには、プリペイド式のカードで使いたい分だけSIMカードにチャージする必要があります。チャージのことを現地ではロード(load)と呼ぶので、ぜひ覚えておいてください。プリペイドカードは、WiFiの販売店や町中や道端のストアでも買えます。「LOAD NA DITO!」:タガログ語で「ここでロードしていきな!」の文字が目印です。
    ロードをするには、大きく分けて以下の2つの方法があります。

  • 《SIMフリー携帯を使って自分でロードする》

    現地でも数百円で買えるSIMフリー携帯にWiFiのSIMカードを入れ、プリペイドカードに書かれている既定の番号に発信するやり方です。

  • 《ショップの店員にロードしてもらう》

    携帯を使って自分で行う場合は、ロードの度にSIMカードを入れ替える必要があります。SIMフリー携帯がない場合は、現地で買わなければなりません。長期滞在する場合はSIMフリー携帯があると便利ですが、1カ月程度の滞在の場合は基本的に必要ないので、余分な出費になってしまいます。
    そこで、短期滞在の方におすすめの方法が、ショップの店員(もしくは友人など)にロードしてもらう方法です。
    「I don`t know how to load, so could you do that?(ロードのやり方が分からないのでやっていただけませんか?)」 と伝えれば、ロードしてくれるでしょう。
    ロードの際に注意したいことが、何ペソ分ロードするかということです。これは、利用したいプランによって何ペソ必要か変わってくるので、利用プランの種類を確認しておきましょう。

  • 3.プロモ(利用プラン)を決める

    《Smartの場合》

    LTE 50:50ペソで24時間使い放題
    LTE 299:299ペソで7日間使い放題
    LTE 995:995ペソで30日間使い放題
    など

    《Globeの場合》

    GS 50:50ペソで3日間250MB
    GS 299:299ペソで30日間500MB
    GS 999:999ペソで30日間5GB
    など

    以上のように、期間とデータ量によって必要な金額が変わります。自分が何日間滞在するかによって、利用したいプランをあらかじめ決めておくと良いでしょう。
    ポケットWiFiとプリペイドカードの購入時に、店員にロードをしてほしいことと、どのプランにしてほしいかを伝えればプラン設定まで行ってくれます。
    場所によっては多少の手数料を取られることもあるかもしれませんが、自分で行う手間を考えれば気にならない程度でしょう。

フィリピンは日本とネット環境が大きく違うため、日本と同じような快適さを求めることは難しいとされています。しかし、そんなときでもポケットWiFiがあればスムーズなネットライフを送ることが可能です。ちなみに、屋内で電波の入りが悪いときは、窓際に置いてみると改善することがあるので、試してみてください。
ただし、語学学校に留学する場合は学校自体にフリーWiFiが整備されているため、必ずしもポケットWiFiを購入した方が良いわけではありません。語学学校のWiFiに満足できないようであればポケットWiFiの購入も考えましょう。