海外でみんなが困る10のこと

海外に行った時には、日本とは異なる環境やシステムによって困ることがあります。不安を取り除き、安心して海外に行くためにも、海外で困ることは何かを把握し、準備を整えてから渡航しましょう。

海外でみんなが困る10のこと

海外で困る10のこと

  • パスポートの有効期限

    パスポートの有効期限は、国や滞在期間によって異なるため、事前に滞在する国の規定について調べておくとよいでしょう。またパスポートの更新には2週間程度かかるので、早目に確認しておくことが大切です。また新規で取得する場合は、申請から受け取りまで6~7日程かかる場合もあります。

    パスポートの有効期限
  • パスポートのコピー

    海外に行く際には、パスポートのコピーを準備しておくのが理想です。コピーがあれば、紛失や盗難の際にパスポートの再発給ができるため、万が一に備えて用意しましょう。旅先では、実際のパスポートとコピーを別々の場所に置き、普段は紛失や盗難などの対策としてコピーを持ち歩きます。

    パスポートのコピー
  • 航空券の予約

    航空券を予約する際、パスポートの氏名が航空券の予約者名と異なっている場合は搭乗できない可能性があります。また、性別が間違っている場合も搭乗できないので注意が必要です。航空券を予約する際は、必ずパスポートと同じローマ字氏名で記入し、性別も間違いの無い記入しましょう。

    航空券の予約
  • eチケットの予備

    航空券を紛失しないかと心配な方にはeチケットがおすすめです。eチケットとは、webサイトや電話などで座席の予約ができるサービスのことをいいます。搭乗手続きの際に、搭乗券の代わりに「eチケットお客様控」を提示することで手続きをスムーズに行うことが可能です。

    eチケットの予備
  • クレジットカード

    クレジットカードは、カードの種類や店舗によっては使えないことがあります。そのため、カード会社が違うものを2枚以上用意しておくと安心です。また紛失や盗難などのトラブルに備えて、カード番号のメモを保管しておくとよいでしょう。

    クレジットカード
  • 現地通貨の両替

    通貨を両替する際、国によってレートや手数料が異なるので、確認してから両替をするというのが理想です。国によっては、現地通貨よりも米ドルやユーロ、日本円の方が便利なケースがあります。ただし到着時刻によって、現地で両替ができない可能性もあるため、旅行のスケジュールを考慮しておくことも大切です。

    現地通貨の両替
  • 海外旅行保険への加入

    旅先での盗難や病気、ケガなどに備えるためには、海外旅行保険への加入は重要です。万が一、海外でケガや病気をしてしまった場合、保険に加入をしていないと治療費が全額自己負担になってしまいます。保険の保障内容を細かくチェックしたうえで、サポートが不十分だと感じる場合は、あらたに海外旅行保険に加入しておきましょう。

    海外旅行保険への加入
  • 運転するなら国際免許証

    海外で運転をする場合は、国際免許証の取得が必要となります。海外では、日本の運転免許証が通用しない国やエリアも少なくありません。国際免許証を取得済みの場合は、有効期限の確認も必ずしておくようにしましょう。

    運転するなら国際免許証
  • 常備薬の準備

    海外に行く際は、最低限の薬は常備しておくようにしましょう。現地で薬を購入した場合、海外の薬が自分に合うとは限りません。普段使用している市販薬や絆創膏などを用意していると安心です。

    常備薬の準備
  • 携帯電話の海外対応

    携帯電話は、必ず海外で対応できる携帯電話を準備しましょう。日本の携帯電話同士の通話でも、一度日本を介することになるため料金が高くなります。日本に帰ったら思わぬ高額請求が来ていた、というケースも多いため注意が必要です。

    携帯電話の海外対応