日本でも日常的に英語を使える場所

国内にいても、英語を使う機会のある場所は多くあります。せっかく留学しても、帰国してから英語を使わなければ、次第に忘れていってしまいます。そのため留学後、日常的に英語を話す機会を作ることはとても大切なことです。ここでは日本にいても英語を話せる場所をいくつかご紹介します。

日本でも日常的に英語を使える場所

英会話サークル

英語を話したい人同士が集まるのが、英会話サークルです。内容としては、ディスカッション、フリートーク、対話練習、TOEIC対策などで、基本的には英会話スクールよりも安価な金額で参加することができます。サークルは数多くありますので、雰囲気を知ったうえで自分に合いそうなところを選びましょう。

外国人の集まる場所

外国人客が多いレストランやカフェなどに行くのも一つの方法です。あるいはそういったお店で働くことで、外国人と会話する機会も自然と増えます。日本に来ている外国人は、言葉の壁に不安を感じているかもしれません。英語で話しかけることは、英会話の勉強になるだけでなく、そういった外国人をフォローすることにも繋がるのです。

外国人の集まる場所

SNSで海外の友だちを作る

SNSを活用するのもおすすめです。外国人の友人を作れば、日常的に英語を話すことができます。しかし身近に外国人がいない場合は、SNSを活用してみてはいかがでしょうか。SNS上で相手の投稿にコメントしたり、チャットをしたりすることでより実践的な英語を使うことができます。人に直接会うこと以外にも、英語に触れる方法はあるのです。

SNSで海外の友だちを作る

情報源をすべて英語にする

場所とはずれてきますが、情報源をすべて英語で統一すると、日常的に英語に接することができます。例えば英語で書かれた書籍を読んだり、アメリカのサイトを見たりする習慣を付けるだけでも、英文を読む時間は増えることになるでしょう。他にも字幕なしの洋画を見たり、英語のラジオを聴いたりすることも方法として考えられます。もしも分からない内容や単語が出てきた場合は、後で調べておくことが英語の上達に繋がります。

情報源をすべて英語にする