英語の発音矯正!カタカナ音声から脱却する方法

日本人は、文法は得意だけれどもスピーキングは苦手、特に発音に関しては全然できていない、とよくいわれます。現在、英語を勉強している方の中にも、発音には自信がないという方が多くいらっしゃるでしょう。
確かに、日本で生まれ育ち日本語の発音を自然と身につけた日本人にとって、まったく異なる言語である英語の発音は非常に難しいものです。しかし、日本人の中にも英語の発音がきれいな方はいます。つまり、トレーニングをすれば誰でも発音を矯正することができるのです。
そこで今回は、日本人にありがちなカタカナ発音から脱却するためのヒントをご紹介します。

英語の発音矯正

母音・子音から練習する

  • 英語の発音は、そもそも母音・子音レベルから日本語とは異なります。日本語にはない音で発音が構成されているため、ただ発音するだけではカタカナ発音になってしまうのです。
    日本語の場合、母音は「あいうえお」の5つですが、英語は母音の発音だけで細かく分けると26個。そのため、英語らしく発音するには、まず単語1つ1つを構成している母音・子音の発音を練習する必要があります。

    例えば、日本語では「あ」と聞こえるものでも、以下の英単語はそれぞれ違う発音です。
    Hat(帽子) 口の前下方で音を出すように、顎を落とした「あ」
    Hot(暑い) 口の真ん中で音を出すような「あ」
    Hut(小屋) 口の後ろで音を出すように、顎を落とした「あ」

    日本人にはすべて「ハット」と聞こえるかもしれませんが、ネイティブからすればこれら3つはまったく違う発音です。このように、母音1つをとっても日本語とは大きく異なるため、 ただ単に文章を音読して練習する前に、母音と子音の発音について勉強することで、より効率的に発音を矯正できるでしょう。

    母音と子音から練習する

リンキング=音のつながり・消失を意識する

  • リンキングとは、音と音がつながって違う音声のように聞こえる現象で、リエゾンとも呼ばれます。リンキングが起こると、単語単体の発音とは異なる音になるため、より英語らしい発音に聞こえるのです。
    以下に、単語を個別に発音した場合とリンキングが起こった場合の違いを示します。

    例)
    in front ofv 個別の発音(カタカナ発音)→イン・フロント・オブ
    リンキングが起こった場合→イン・フロンタブ

    can you
    個別の発音(カタカナ発音)→キャン・ユー
    リンキングが起こった場合→キャニュー

    「d+母音」
    kind of→カインダブ

    「k+母音」
    kick it→キキット

    「t+子音」
    thank you→センキュー
    「ch+子音」
    catch you→キャッチュー

    などがあります。
    その他にも、リンキングがよく起こる音の組み合わせがあるため、覚えておくと良いでしょう。

ネイティブのまねをする

  • リスニングやリーディングと違い、発音練習はアクティブなトレーニングです。母音の種類やリンキングの知識をインプットしたところで、実践しなければ身につきません。

    おすすめの練習方法は、ネイティブの音声を聴いてその発音やイントネーション、抑揚やスピードもまねすることです。単語帳や長文問題集に付属されている音声でも良いですし、好きな映画や海外ドラマに出てくるセリフをまねしても良いでしょう。とにかく、「それっぽくなるまで」繰り返し練習することが大切です。映像を見ている場合は、表情や身ぶり手ぶりまでまねしても構いません。
    また、ある程度練習したらボイスレコーダーなどで、ネイティブになりきった自分の発音を録音して、本物と聴き比べてください。何が違うのか、どの部分のイントネーションがうまくつけられていないのかなど、「チェックしては練習」の繰り返しを重ねることで、徐々にカタカナ発音ではなくなるでしょう。

    ネイティブのまねをする

「前で発音する」意識を持つ

  • ある言語学者によれば、言語によって音を出す場所が異なるといわれています。どのようなことかというと、アメリカ英語は「口の真ん中」でイギリス英語は「唇の前」、そして日本語は「喉」で音が出されているというのです。

    この音が出されている場所のことを、フォーカルポイント=音の焦点と呼びます。意識的な問題ではありますが、実際にフォーカルポイントを気にして発音すると違いが感じられるでしょう。
    アメリカ英語にせよイギリス英語にせよ、日本語よりも前のポイントで発音していることは確かです。喉で発音すると、カタカナ発音になるばかりではなく、モゴモゴとした印象になってしまうため、注意してください。

    「前で発音する」を意識する
  • おわりに

    日本人の多くの方が、カタカナ発音であることを気にされていると思います。もちろん、ネイティブのような発音で話せると自信にもなりますし、ネイティブの方々とのやり取りも円滑になるでしょう。
    しかし、言葉はコミュニケーションのツールです。必ずしも完璧な発音をする必要はなく、あくまでもお互いが気持ちよくコミュニケーションをとれる発音であれば問題ありません。
    母音の勉強やネイティブのまねをして、カタカナ発音から脱却することも重要ですが、人にはそれぞれの発音があるため、あまり神経質になりすぎないように、楽しく発音練習をしましょう。