フィリピンはなぜ英語文化なのか?

フィリピンは、アメリカとイギリスに次いで、世界で3番目に英語を話す人口が多い国です。フィリピンで英語文化が主流となった背景には、歴史や教育体制などが関係しています。

フィリピンはなぜ英語文化なのか?

英語文化の背景

  • フィリピン語と英語が普及した歴史的背景

    フィリピンは、1565年から約300年にわたって、スペインに統治されてきました。元々フィリピンには、母国語であるダカログ語のほかにも、地域によって話される言語が数多く存在しましたが、このスペイン植民地の時代に、スペイン語の影響を受けたフィリピン語が誕生しました。このフィリピン語は、政府によりフィリピンの共通言語として普及されました。

    スペインの植民地時代を経て、フィリピンは1898年からアメリカの統治下におかれます。このアメリカ植民地の時代に、英語講師がフィリピンに派遣されたことにより、数多くのフィリピン人が英会話のスキルを身につけました。このような歴史的背景により、植民地時代が終わった独立後の1974年に、省令によりフィリピン語と英語のふたつの言語を併用する教育政策が発表されたのです。

  • フィリピン人はふたつの言語による教育を受けている

    ほとんどのフィリピン人は小学校から大学まで、国語とフィリピンの歴史以外の授業を英語で受けています。小学校1年生の段階で、聞く、話す、という基本的な会話はできる子どもがほとんどです。フィリピンの中にある外資系企業によっては英会話のスキルが採用条件となっている場合も多く、よりよい仕事に就くために英語を学ぶフィリピン人も多数います。

  • 英語の環境の中で生活しているフィリピン人

    フィリピンの街では、看板やテレビ放送など、目にするもののほとんどで英語が使用されています。日常生活が英語で溢れているため、直接英会話教育を受けていない人であっても、自然と英会話のスキルが身につきます。このようにフィリピンは歴史的背景、学校教育、生活環境など様々な要因によって、英語文化の国となったのです。フィリピンには英語を学ぶことができる学校も多く、語学留学のためにフィリピンを訪れる日本人も数多く存在します。