1週間の短期留学で効果はある?分野を絞って集中トレーニング!

フィリピン留学をはじめ、多くの留学において語学学校に通う期間の最小単位となるものが、1週間です。数カ月の留学期間が仕事の都合で現実的ではない社会人の方も、1週間程度の短期留学であれば有給休暇などを利用すれば実現できるかもしれません。
しかし、英語のスキルアップを目的とした場合に、1週間の留学は果たして効果はあるのでしょうか。こちらでは、1週間のフィリピン短期留学の効果をいくつかの視点から検証していきます。

1週間の短期留学の効果

学びたい分野を絞れば効果あり

  • 英語力の向上を目的としたときに、1週間の短期留学は長期留学ほど効果が期待できない点は否定できません。英語力の下地が出来上がっていなければ、「さほど意味がなかった…」と感じながら帰国してしまうかもしれません。
    学校や職場といった環境をイメージしてもらえれば分かりやすいかと思いますが、1週間という期間で通常できることは、せいぜい場の雰囲気に慣れること程度です。

    1週間留学で向上する英語力を最大化するためには、学びたい分野を絞るという方法があります。日々の英語勉強で自分に足りていない分野に集中して、1週間みっちりと整った環境で勉強すれば、劇的とはいかなくても確かな変化が期待できるでしょう。
    そのためには、やはり留学前の自己学習で自分の弱点をはっきりさせておくことが重要です。

    「リスニング」「ライティング」「リーディング」「スピーキング」などの分野を短期間でバランスよく伸ばしていくことは、非常に難しいでしょう。授業内容のカスタマイズができる学校で、自分の弱点分野を強化するカリキュラムを組んでみてください。

    学びたい分野を絞る

朝から晩まで勉強!スパルタコースとマンツーマンコース

  • 1週間のフィリピン留学で英語力を最大限向上させるためには、上述したような「学ぶ分野を絞る」以外にも、「スパルタコース」を選ぶという方法もあります。スパルタコースは、朝食前の早朝クラスから夕食後のクラスまで、毎日ハードスケジュールで勉強するコースです。1週間の語学留学で確かな効果を得たい方にとっては、最適のコースといえるでしょう。

    ただし、少しでも「勉強の合間に南国のレジャーを楽しみたい」と考えている方にはおすすめしません。1日で多くの授業を受けるため復習が必要となるだけではなく、次の日の授業内容をしっかりと理解するために予習をする必要があります。観光したいのであれば、1週間の通学期間以外にも滞在日を設けると良いでしょう。

    留学生を受け入れている国の中にも、フィリピンのようにスパルタコースを提供している学校がある国は類を見ません。費用をそれほどかけず厳しいコースを受講できるのは、フィリピン留学ならではの魅力です。「せっかく留学するのであれば、ハードスケジュールでもしっかりと勉強したい」という方は、スパルタコースを検討してみてはいかがでしょうか。

    また、教師と生徒の2人だけで行うマンツーマンコースもおすすめです。他の生徒の存在を気にせず、分からないことがあればいつでも質問をなげかけることができます。とりわけコミュニケーションのスキルを向上させたいと考えている方は、マンツーマンコースの受講で確かな効果が得られるでしょう。

    スパルタコース

重要なのは経験とモチベーションを持ち帰ること

  • 期待している効果にもよりますが、1週間のフィリピン語学留学だけで、その後に役立つような実践的な英語力を得ることは難しいかもしれません。しかし、たった1週間でも語学留学をする意味はあります。英語の環境に飛び込んだという経験と、帰国後も勉強を継続するためのモチベーションが得られるのです。

    どれだけ座学での勉強をしていても、当たり前のように英語で話す環境で生活するという経験にはかけがえのない価値があります。そして、「使える英語力」の獲得を目指す上では、留学は大いに役立つ経験といえるでしょう。たとえ1週間でも留学したという事実は、その後の勉強にも大きな影響を与えるはずです。

    留学において何よりも重要なのは、帰国後も勉強を続けることです。また「英語を使う場所に行きたい」、「英語を使って何かをしたい」、「いろいろなところに旅行をして英語でコミュニケーションをとりたい」、という気持ちがあれば、きっと勉強を続けていくモチベーションとなります。
    もとより英語を1週間の留学でマスターすることはできないため、このモチベーションを持ち帰れるだけでも、1週間でも留学する意味はあるといえるのではないでしょうか。

    モチベーションを持ち帰る
  • おわりに

    1週間の語学留学でも、コース選択や事前の勉強、また捉え方などによっては内容の濃い留学にすることができます。何よりも長期の休みがとりにくい社会人の方でも、英語環境に漬かれることは大きなメリットです。
    少しでも「留学してみたい」という気持ちがあるのでれば、1週間という短期間でも留学に行ってみてください。きっと、その後につながる貴重な経験になるでしょう。