社会人必見!
フィリピンでのオススメ語学留学

日々、グローバル化の進む今日では、英語というものがビジネススキルの1つとして、ますます必要とされてきています。
語学留学は学生のうちにしか出来ないと思っていませんか?

実は、社会人だからこそビジネスの場で英語を活用したいと、語学留学の選択をする社会人も少なくありません。
今回は社会人にオススメの語学留学スタイルを紹介します。

社会人にオススメの語学留学スタイル

オススメの留学先「フィリピン」

フィリピンでの語学留学は費用が安いということと、マンツーマンの授業が多いことが大きなメリットです。

1ヶ月あたりの留学費用で考えると、アメリカやカナダが約38万円というのに対してフィリピンは約16万円と、半分以上も安くなります。また、日本からの交通費も他の国へ留学するより安く、物価もミネラルウォーターが約20円ということで、生活費もたいへん安くすみます。

フィリピンでは授業スタイルにマンツーマン授業を採用しており、必然的に「1人あたりの英語を話す機会が増える」ので、より実践的な英語が学べることが最も大きなメリットといえるでしょう。

新しい環境でのキャリアアップ
「短期留学」

短期留学には現在働いている会社を辞めなければいけない、というデメリットがあります。
しかし、英語を活かせる新しい会社で自身のキャリアアップを図りたい人にはオススメの留学方法と言えるでしょう。

例えば、フィリピンで行われているマンツーマンでの授業形態だと、早ければ3ヶ月から6ヶ月ほどで英語を習得できる人もいらっしゃいます。各国の授業形態によって、英語の習得期間が大きく変わってくる場合もあるので、注意が必要です。

超短期留学と比べて事前の英語学習の重要性は低いですが、日常会話など「最低限の英語力」は不可欠です。また、前述したとおり時間を確保するためには今の職場を退職しなければならず、帰国後は就職活動を始めなければならないことも覚えておきましょう。

英語学習の応用編「超短期留学」

夏季休暇や年末年始などを利用して留学を行う超短期留学という方法があります。
この留学のメリットは何よりも現在働いている会社を辞める必要が無いことです。フィリピンでの語学留学なら最短で1週間の留学が可能ですので、現在働いている職場で英語のスキルを活かしたいという人にオススメといえるでしょう。

ただし、語学留学で英語を習得するには基本的に半年から1年、といわれています。

ですから、英語を習得するというよりも、これまで培ってきた英語を使ってみて課題を見つける、といった形になります。
つまり、実際にネイティブスピーカーとコミュニケーションをしている中で「自身の英語力がどの程度のレベルか」「どういったところに課題があるのか」というような、これまでの英語学習の応用編と言えるでしょう。
他にも、「留学の雰囲気を味わってみる」というようなお試しの留学にもぴったりです。

超短期留学で成果を見出すためには、事前にしっかりと英語学習をすることが重要です。短期の留学といっても事前の学習期間は短期留学よりも必要といえるでしょう。

超短期留学

社会人の語学留学は長い準備期間が必ず必要になってきます。
しかし、5年後、10年後に英語能力を持っていたおかげで、自身のキャリアが開ける可能性もあるかもしれません。
国際化の進む現代社会だからこそ、以上を参考にして、今後の語学留学を考えてみてはいかがでしょうか。