留学前に覚えておきたい
フィリピンの治安

フィリピンは今や言わずと知れた観光地です。セブ島やパラワン諸島などのリゾートビーチだけでなく、コルディリェーラの棚田群や、チョコレートヒルズ、スペイン統治時代のバロック様式の教会など数多くの名所が存在します。

留学先の寮はほとんどドミトリータイプで学内のセキュリティーがしっかりしているので安心です。ただし、外出の際は日本と比べてみれば、比較的に治安の良くないエリアも存在します。

ですから、フィリピンへの留学中の生活は日本とは違ったところにも気をつけましょう。
今回はフィリピン留学で注意するべきポイントを紹介します。

留学前に覚えておきたいフィリピンの治安

服装

セブ島などの高級リゾート地ではオシャレを楽しんでも良いのですが、市街地の治安状況はスリなどの軽犯罪に巻き込まれてしまうかもしれませんので、散策の時などは盗難事件に合う可能性がありますので、アクセサリーは身に着けてはいけません。服装もTシャツにジーンズなどの軽装にしましょう。

お金も財布で持ち歩くことも避けるべきです。紙幣は左ポケット、小銭は右ポケットに入れるようにしましょう。また、ダミーの財布を持つこともオススメです。
バッグは後ろからスリに遭うこともあるらしいので、斜めがけタイプなどの身体の前方にかけれるようにしましょう。

タクシー

夜間の外出時はタクシーで移動することをオススメします。寮やショッピングモールから利用する際は、案内係に行き先を告げてもらうと安心でしょう。
市街ではタクシー会社のプリントされているタクシーのみを拾ってください。行灯のみでプリントの無いタクシーは否認可タクシーです。ちなみにタクシーのドアは自分で開けます。乗り込んだらドアの鍵は必ず閉めましょう。

外国人には料金をぼったくろうとする運転手もいます。乗り込んでからでは遅いので乗り込む前に運転手にメーターがオンになっているかを確認しましょう。
ただし、万が一ぼったくりタクシーに乗ってしまったとしても、運転手と揉めたり、その場で降りることは避けてください。もし降りた場所が治安の良くないエリアだったらたいへん危険です。どうしても降りたいときは近場の人気の多いところかショッピングモールなどに行き先を変更しましょう。
フィリピンのタクシーは世界一安いと言われており、そこまで高くはならないので安心してください。

万が一に備えて海外損害保険に加入しておくとトラブルの際には保険が下ります。他にも在フィリピン日本国大使館に相談をするのもオススメです。
フィリピンの治安状況は大きな犯罪はよりもスリなどの軽犯罪が多いようです。しかし、ショッピングモールなどはそういった治安上の心配はかなり少なくなります。

以上のことに気をつけて、安全に留学生活を楽しみましょう。

安全に留学生活を楽しみましょう