社会人が英会話で挫折する理由

これからの社会はより一層グローバル化の波が拡がっていくといわれています。
それに伴い、英話力というものがより重要視されてくることでしょう。

しかし、社会人の英語学習は会社からの支援が必ずしも得られるわけではなく、上達するためには個人の継続学習が大きく影響されます。
そのため、英語の勉強を継続できないであきらめてしまう、という方も数多くいらっしゃいます。
そのほとんどは、最初はやる気があっても結局三日坊主に……。

今回は、社会人が英語の勉強を継続できない理由を紹介します。

社会人が英会話で挫折する理由

日常の中で英語を使う必要がない

これは英語学習が続かない理由として最も多い理由といわれています。
たしかに、普段から英語力が必要な会社でもない限り、日常生活で使われる場面はほとんど無いといってよいでしょう。このように英語を使う機会が少ないということは、自分の英語力の上達を実感できないことにもなります。
これは社会人だけでなく英語を勉強している方々すべてにいえる事かもしれません。

たとえ将来的に役に立つと分かっていても、こういった環境での英語学習の継続は、なかなか難しいようです。

時間が無い

学習に費やす時間が無いという理由も多いです。
やはり社会人である以上、1日のほとんどを仕事に費やさなければいけなくなってしまいます。1人暮らしの場合はその間に家事もしなければいけなかったりと、勉強をする時間が作れない、という場合が多くみられるようです。

有効な勉強方法が分からない

近年はインターネットでの英会話教室や通信販売のリスニングソフトなど、英会話を学ぶ方法は多岐にわたっています。
それらの中で選んだ学習方法が自分の生活リズムに合わなかったり、現在の英語力では難しい教材を選んでしまったりなど、自分にとっての有効な学習方法が分からず挫折してしまう場合も少なくありません。

最後に

以上のように、社会人になってからの英会話の習得はなかなか難しいようです。

しかし、これからの社会においては非常に大切なビジネススキルですので、なんとしても身に付けたいものです。

英語を勉強する方法として、語学留学という方法があります。
語学留学は自分のレベルに合わせた細かなカリキュラム分けがされており、日常的に英語を使わなければいけない環境です。また、最短で1週間から留学は可能で、休暇を利用しての留学が可能です。最近は英語でコミュニケーションの機会が他の学習方法より圧倒的に多いマンツーマンの学習法でしたら高い成果が期待できます。
短期の語学留学は先ほど紹介した社会人が英語学習を継続できない理由のほとんどが解消されている学習方法といえるでしょう。

すでに社会人として働いている方でも諦めることはありません。
語学留学は1週間だけの留学を出来る施設もあります。長期休暇を利用して、旅行がてらに語学学校を利用してみるのも良いかもしれません。

身に付けたいビジネススキル