第二の人生に英会話を!
シニアにおすすめの
語学留学

最近、子どもが独立し、慌ただしい生活がひと段落したことをきっかけに、外国の文化や語学を学ぼうとするシニア世代が増えています。
「普通の旅行では物足りなくなってしまった」といった方や、「昔から身につけたかった英語を今こそ習得!」など考えるようになりましたら、大人もいける「語学留学」はいかがでしょうか?

シニアにおすすめの語学留学
  • シニア世代の留学

    これまで趣味程度で勉強していたという方や、これから勉強したいという方でも「本格的に英語を学びたい」という意欲さえあれば、語学留学は可能です。

    現地の語学学校に通い、海外からの留学生や違う世代から同じシニア世代まで、様々な人たちと授業を受けられます。
    また、語学の学習だけでなく、英語学習と同時に現在の趣味やチャレンジしてみたかったことや、これまでの経験を活かし社会貢献しようという「海外ボランティア」を選ぶこともあります。ただし、海外ボランティアは渡航先によって活動の内容も変わってくるでしょう。
    留学には「自分が何をしたいか」ということが必要です。

    以上のことから、英語学習が初期段階のシニア世代が、海外で様々な経験をするには英語力を上げるための語学留学が最適だと言えます。

  • 第一歩にはお金のかからない留学

    子どもが手から離れたとはいえ、留学にはまとまったお金が必要になります。
    そこでお勧めなのが物価の安い東南アジア諸国。そのなかでも近年ではマレーシアとフィリピンが人気です。
    ただ、マレーシアは言語がマレー語を中心に中国語・英語と入り混じっているため、英語を公用語とするフィリピンのほうがが語学留学に適しているでしょう。
    フィリピンの物価は日本の3分の1以下と低く、観光やリゾートを十分に満喫しつつ留学体験をすることができます。
    また、マンツーマンの授業が受けられたり、ホテル滞在や全寮制のシステムが充実しているため、英語習得に集中できます。

  • 短期留学もできる

    フィリピンは物価が安いだけでなく、日本から約5時間弱と非常に近いため、渡航が簡単です。渡航によるシニア世代の体への負担も軽いでしょう。
    さらに4週間であればビザなしで入国できます。このため4週間の短期留学であれば現地でビザの延長をする必要はないので、長期間のスケジュールを抑えるのが難しい人は、まずは短期留学を選んでみてはいかがでしょうか。

  • 限られた時間で観光もできる

    観光地のセブ島には、学習外に現地を観光や、マリンスポーツなどのリゾート体験をすることも十分可能です。

  • 語学留学で可能性を広げる

    上にも述べましたが、シニア世代の方が世界中を見てこれからの人生を豊かにするために、まずは「語学留学」で英語力を高めることが大切です。最初から、留学費用のかかるアメリカやイギリスなどと比べて、準備期間も短くて良い東南アジアへの語学留学は、とても有益なものです。
    はじめに、英語能力を上げておけば「ロングステイ」や、「現地で本格的な伝統料理やダンスなどを学ぶ」ことが可能になるだけでなく、渡航エリアを広げ次のステップアップへの土台を作ることができるのです。

    語学留学で可能性を広げる
  • 数日間の時間を作り渡航する観光だけでなく、さらに踏み込んだ経験をしたいという意欲の高いシニア世代。
    語学留学をきっかけに豊かな第二の人生を計画してみてはいかがでしょうか?