社会人が
「短期留学」をする意義

社会人が留学を決意するには、どのような背景があるのでしょうか。

例えば、社会人として働き始めて数年経つと「本当にこのままで良いのだろうか……」そういった思いにかられ、留学を考え始める人は少なくありません。
また、仕事上のコミュニケーションでは英語が必要となるシーンが多く「今の英語力ではついていけない」と感じ、留学を考える方も多いでしょう。

社会人になってから留学を意識する理由はさまざまなものがありますが、やはり多くを占めるのが「英語力の強化」です。

これはなにも日本に限ったことではありません。非英語圏の社会人の中には、毎年休みを利用して、語学留学している方もいます。日本人のレベルから見たら十分に英語を話せる、と感じられる方々が、語学留学をしてレベルアップを図っているのです。

なぜ留学してまで語学力を磨くかというと、彼らは語学力がビジネスにとってプラスとなることを分かっているのです。
日本でも社内の公用語が英語になったところもあります。そう考えると、英語力は社会人にとって必須のスキルといっても過言ではないでしょう。

「短期留学」をする意義

ビジネスの場で役立つ英語を

学生時代に短期のホームスティをしていた」「頻繁に海外旅行に行っていたため、日常会話ならなんとなく出来る」というレベルでは、ビジネス英語としては不十分と言わざるを得ません。

友達やホストファミリーと日常会話ができたとしても、そのままの会話をビジネスの場に持ち込むことは難しいからです。ビジネスである以上、英語での交渉や電話応対、ビジネスで失礼にならない言い方やプレゼンテーションスキルなど、求められる能力が全く異なるからです。

そのため、社会人になってから留学することでビジネススキルに特化した英語力を身につけることができます。語学留学を通して、ビジネス英語を身につけることで、仕事の幅が広がります。

世界に通用する英語力を

例え社内の公用語が英語になったとしても、日本にいる以上、不便を感じることは少ないでしょう。
しかし、社会人となり留学した方のなかには、「日本人がいかに英語力不足かを痛感した」「日本人は英語が話せないから、と見下された」と言っている方もいます。

海外での講義やディスカッションの際に話される英語の速さは、日本で聞く英語とは比べ物にならないスピードのため、留学することでそのスピードを身につけることができます。
さらに外国人の仕事に対する姿勢や熱意、自分自身の意見を出す発言力や行動力といった日本では得られない空気感に触れることで、日本の現状を客観的に見ることができるようになるでしょう。それにより、帰国した後のモチベ―ションにも繋がります。

社会人となって留学することは、英語力を身につけられるだけでなく、精神力や行動力、自分自身の意見を発する大切さ、といったメンタル面での収穫も期待できます。そのような視野を持ってようやく、グローバルな舞台で活躍できる準備が整ったと言えるでしょう。

世界に通用する英語力を

社会人となってから留学することは、学生時代に留学することと全く意味合いが異なります。
いかにそのチャンスを逃さずに、これからの人生で活かすことができるかは、あなた次第です。