フィリピンに行ったら食べてほしいお勧め料理&飲み物

海外留学では、留学先での食事も大きな楽しみになるかと思います。
フィリピン留学中是非食べてほしい地元飯を下記に記載致しますので、ご参考にして下さい。

フィリピンの地元飯

アドボ (Adobo)

アドホはフィリピンの食卓では定番の料理、フィリピン人のソウルフードと言っても過言ではない料理です。
鶏肉や豚肉をお醤油やビネガーで煮込んだ料理で、お肉の柔らかい食感と酢が適度な酸味が効いていてクセになるそう、ご飯にとってもよく合うお薦め料理です。

各家庭やお店によって微妙にレシピが異なるので、BBQやパーティー際各家庭のアドボを持ち寄って、披露しあうというような習慣があるので、留学中に必ず一度は口にするのではないでしょうか。

いろいろなお店のアドボを食べてお気に入りのお店を見つけるのも楽しいかもしれません。酢には疲労回復の効果もあるので、留学中フィリピンの暑さに元気がなくなったら是非口にしていただきたい逸品です。

レチョンポーク (Lechon Pork)

こちらは、クリスマスや、ニューイヤーなど特別なお祝いの日に登場するメニューです。
フィリピンの行事になくてはならないメニュー、いわゆる、豚の丸焼きです。

パリパリとした香ばしい皮とジューシーな肉感のコントラストが堪らない逸品です。
レチョンに添えられた甘いソースがお肉がよく合います。留学生の中にもレチョンポークが大好きになる方も多いです。
フィリピンの人は、『耳が美味しい。』『しっぽが絶品だ』など、それぞれお気に入りの部位があり、本当に1匹丸ごとを味わい尽くします。

留学中のイベントの際には、是非試してみて下さい。『うーーーん、留学の時期とイベントが重ならない。留学中に食べたかったのに、、、、』という方も諦めないでください。レチョンポークはフィリピンのレストランやフードコートでも売っています。
またレチョンについても、豚だけではなく、フィリピンの土地土地で独特のものがあります。こちらも色々試してみることをお勧めします。

クリスピーパタ (Crispy Pata)

クリスピーパタは、豚足や豚のすねなどをじっくり茹でたのちに、油でしっかり、カリッと揚げた料理です。オイリーなから揚げといったところでしょうか。しょう油とビネガーソースをつけて頂きます。かなり食べ応えのある料理です。ご飯のおかずや、お酒のおつまみにもよく合います。

足先や、すねなどの関節部分は、豚の体の中でもコラーゲンの多い部位になりますので、
カリカリの衣とお肉の柔らかさにビックリするのではないでしょうか。

留学中、ガッツリご飯を食べたい!!!というときにお勧めの料理です。

カレカレ (Kare Kare)

見かけだけでいうと、フィリピン版カレーのような見た目の料理です。
内臓を含むお肉類をピーナツバター、ココナッツミルクと共にコトコト煮込み、仕上げにバゴーンというフィリピン版、塩辛と一緒に食べます。見かけに反してカレーのように辛くはなく、バゴーンが強く主張した独特な味をしています。

日本ではあまりない、フィリピン独自の味覚なのかもしれません。正直なところカレカレについては好き嫌いの分かれる料理かもしれません。

留学初期は苦手だったのに、留学生活も後半になってくるとだんだんクセになってくるから不思議なもの。一度はトライしてみて下さい。

バロット (Balut)

こちらも是非試して欲しい料理のひとつです。
バロットとは、孵化する直前のアヒルを茹でたものです。卵の中のスープから、孵化する前のアヒルまで丸ごといただきます。
見た目には少し、いや、かなり抵抗はありますが、普通の卵と比べても栄養価抜群、何より『バロットを食べたことがあるよ』というとフィリピンの人は喜んでくれること間違いなしの一品です。
話のネタになること間違いなしの料理になりますので、是非フィリピン留学の記念に挑戦してみて下さい。

ビール (Beer)

フィリピンではアルコール類もとにかく安いです。定価では20ペソ前後(50円くらい)、飲食店で頼んでも100円くらいでビールを楽しむことが出来ます。ミネラルウォーターを頼むのと同じような金額感なので、外食時には水でなくお酒を飲むという留学生も少なくありません。

中でも、サンミゲル(San Miguel)はフィリピンを代表する飲料メーカーで、ビールの国内シェア90%を誇るマンモス企業です。

軽くて飲みやすい飲みでグイグイと飲めてしまうこと間違いなしのビールです。
フィリピンではビールサーバーが発展しておらず、ビールに直接氷を入れて飲みますのでついつい飲み過ぎてしまったという留学生も少なくありません。是非飲み過ぎに注意してフィリピンの夜も楽しんでみて下さい。

ハロハロ (Halo-halo)

どこかで聞いたことのある名前かもしれませんが、タガログ語で『ごちゃまぜ』を意味するデザートです。フィリピンでは、もっともメジャーなスイーツで紅芋のアイスクリームやフルーツ、タピオカなどなど、たっぷりの具材をかき氷と共に頂きます。名前の通り混ぜながら食べると絶品です。フィリピン内のレストランはもちろん、ファーストフードでも食べられますので、是非フィリピンスイーツを堪能してみてください。

アドボ (Adobo)

アドホはフィリピンの食卓では定番の料理、フィリピン人のソウルフードと言っても過言ではない料理です。
鶏肉や豚肉をお醤油やビネガーで煮込んだ料理で、お肉の柔らかい食感と酢が適度な酸味が効いていてクセになるそう、ご飯にとってもよく合うお薦め料理です。

各家庭やお店によって微妙にレシピが異なるので、BBQやパーティー際各家庭のアドボを持ち寄って、披露しあうというような習慣があるので、留学中に必ず一度は口にするのではないでしょうか。

いろいろなお店のアドボを食べてお気に入りのお店を見つけるのも楽しいかもしれません。酢には疲労回復の効果もあるので、留学中フィリピンの暑さに元気がなくなったら是非口にしていただきたい逸品です。

レチョンポーク (Lechon Pork)

こちらは、クリスマスや、ニューイヤーなど特別なお祝いの日に登場するメニューです。
フィリピンの行事になくてはならないメニュー、いわゆる、豚の丸焼きです。

パリパリとした香ばしい皮とジューシーな肉感のコントラストが堪らない逸品です。
レチョンに添えられた甘いソースがお肉がよく合います。留学生の中にもレチョンポークが大好きになる方も多いです。
フィリピンの人は、『耳が美味しい。』『しっぽが絶品だ』など、それぞれお気に入りの部位があり、本当に1匹丸ごとを味わい尽くします。

留学中のイベントの際には、是非試してみて下さい。『うーーーん、留学の時期とイベントが重ならない。留学中に食べたかったのに、、、、』という方も諦めないでください。レチョンポークはフィリピンのレストランやフードコートでも売っています。
またレチョンについても、豚だけではなく、フィリピンの土地土地で独特のものがあります。こちらも色々試してみることをお勧めします。

クリスピーパタ (Crispy Pata)

クリスピーパタは、豚足や豚のすねなどをじっくり茹でたのちに、油でしっかり、カリッと揚げた料理です。オイリーなから揚げといったところでしょうか。しょう油とビネガーソースをつけて頂きます。かなり食べ応えのある料理です。ご飯のおかずや、お酒のおつまみにもよく合います。

足先や、すねなどの関節部分は、豚の体の中でもコラーゲンの多い部位になりますので、
カリカリの衣とお肉の柔らかさにビックリするのではないでしょうか。

留学中、ガッツリご飯を食べたい!!!というときにお勧めの料理です。

カレカレ (Kare Kare)

見かけだけでいうと、フィリピン版カレーのような見た目の料理です。
内臓を含むお肉類をピーナツバター、ココナッツミルクと共にコトコト煮込み、仕上げにバゴーンというフィリピン版、塩辛と一緒に食べます。見かけに反してカレーのように辛くはなく、バゴーンが強く主張した独特な味をしています。

日本ではあまりない、フィリピン独自の味覚なのかもしれません。正直なところカレカレについては好き嫌いの分かれる料理かもしれません。

留学初期は苦手だったのに、留学生活も後半になってくるとだんだんクセになってくるから不思議なもの。一度はトライしてみて下さい。

バロット (Balut)

こちらも是非試して欲しい料理のひとつです。
バロットとは、孵化する直前のアヒルを茹でたものです。卵の中のスープから、孵化する前のアヒルまで丸ごといただきます。
見た目には少し、いや、かなり抵抗はありますが、普通の卵と比べても栄養価抜群、何より『バロットを食べたことがあるよ』というとフィリピンの人は喜んでくれること間違いなしの一品です。
話のネタになること間違いなしの料理になりますので、是非フィリピン留学の記念に挑戦してみて下さい。

ビール (Beer)

フィリピンではアルコール類もとにかく安いです。定価では20ペソ前後(50円くらい)、飲食店で頼んでも100円くらいでビールを楽しむことが出来ます。ミネラルウォーターを頼むのと同じような金額感なので、外食時には水でなくお酒を飲むという留学生も少なくありません。

中でも、サンミゲル(San Miguel)はフィリピンを代表する飲料メーカーで、ビールの国内シェア90%を誇るマンモス企業です。

軽くて飲みやすい飲みでグイグイと飲めてしまうこと間違いなしのビールです。
フィリピンではビールサーバーが発展しておらず、ビールに直接氷を入れて飲みますのでついつい飲み過ぎてしまったという留学生も少なくありません。是非飲み過ぎに注意してフィリピンの夜も楽しんでみて下さい。

ハロハロ (Halo-halo)

どこかで聞いたことのある名前かもしれませんが、タガログ語で『ごちゃまぜ』を意味するデザートです。フィリピンでは、もっともメジャーなスイーツで紅芋のアイスクリームやフルーツ、タピオカなどなど、たっぷりの具材をかき氷と共に頂きます。名前の通り混ぜながら食べると絶品です。フィリピン内のレストランはもちろん、ファーストフードでも食べられますので、是非フィリピンスイーツを堪能してみてください。

是非食べて頂きたい料理を挙げさせて頂きましたが、そのほかにもフィリピンには美味しい料理がたくさんあります。
是非食の面でも留学生活を堪能して下さい。