語学留学の持ち物 現地で買えるもの編

語学留学の持ち物
現地で買えるもの編

短期留学であっても、留学となりますと旅行に比べ滞在期間が長くなりますので、
あれも、これも必要かもしれないと考えるうちについつい荷物が多くなってしまうものです。
しかも長い留学生活の中では予想以上に荷物が増えてしまうものですので、フィリピンで購入できるものは、現地で購入することにして、荷物はカバンの80%に留めるように準備していくことをお勧め致します。

そこで、今回はフィリピン現地で購入できるもの、現地で購入したほうがいいものをご紹介していきます♪

留学先の現地で買える物

現地で購入できるもの、購入したほうがいいもの

  • ドライヤー

    留学先の宿泊施設(ドミトリー)には備え付けのドライヤーのないところが大半となります。なので、是非ドライヤーは持参頂きたいところなのですが、なんと、フィリピンと日本では電圧が異なります(フィリピンの電圧(220V60Hz)です)。日本製のドライヤーを使うには変圧器が必要になりますので必然的に荷物も多くなります。有名メーカーのものは日本より割高にはなりますが、フィリピン製のものであれば600円程度で購入出来るものもございますので、是非フィリピンで購入されることをお勧め致します。

    留学先でのドライヤー事情
  • 日焼け止め

    フィリピンの日差しはとても強いので日焼け止めは必須です。現地でも、日焼け止めは充実しており、顔用からボディー用、スプレータイプやクリームタイプなどたくさんの種類がありますので自分に合ったものを購入できます。留学中にビーチリゾートに行く方も多いのでSPFの高いものを購入しましょう。その点フィリピンの日焼け止めはSPFが60のものもありますので安心です。フィリピンでは、Vaselineというブランドの日焼け止めが人気です。

    フィリピンの日差しに注意
  • 水着

    フィリピンではビーチリゾートが充実しています。特にセブ留学では水着は必須です。セブ島での留学中に、ボホール島やボラカイ島、カモテス諸島マラパスクア島などへの小旅行をしたり、シャングリラやインペリアルパレス、プランテーションベイといったリゾートホテルでデイユースプランを楽しむ方も多いです。

    現地でも、1,000ペソ(約2,000円)もあれば十分かわいい水着を購入することが出来ますので、水着は現地調達でもよろしいかと思います。

    ※ただフィリピンの水着にはワイヤーがないものが多く、寄せあげ効果がない!との声もあるので、気になる方はお気に入りのものを持参することをお勧めします。

    留学中のビーチでの水着は
  • 化粧品

    フィリピンのショッピングセンターにはSKINFOODやTHE FACE SHOP、etude houseなどの日本でもおなじみの韓国コスメが充実してるほか、Watsonsという大型のドラックストアチェーンもありますので、特にこだわりがなければ化粧品についてもフィリピンでも調達出来ます。資生堂、カネボウなどの日本メーカーについては輸入品となり割高になりますが、そのほかの輸入化粧品については日本の価格と比較すると5割~7割の価格になりお買い得です。

    フィリピンの化粧品は
  • シャンプー、リンス

    留学先の施設には消耗品の備え付けがないので、消耗品の用意は必要となります。ほとんどのものは留学先の売店やドラックストアで国内メーカーから、パンテーンやラックス(400ml 160ペソ 約416円)などの日本でもおなじみのブランドの製品まで購入が出来ます。特にシャンプーとリンスは、フィリピンの硬水に、現地のシャンプーの方が合うという声も多いです。日本から持ってきたシャンプーだと髪がキシキシになってしまうが、現地で購入したシャンプーを使用すると髪のコンディションが良くなったという方もいるので、現地のものを使用してみるのもお勧めです。

    リンスインシャンプーや、原料にココナッツを使用した、南国特有の香りのシャンプーなどもあったのでお気に入りを見つけて、留学終了時のお土産にするのもお勧めです。

    留学先のシャンプー、リンス
  • マグカップ

    留学先の宿泊施設(ドミトリー)の中には、ウォーターディスペンサーが置いてある施設もございます。マグカップを購入すると熱湯や冷水を使用して、インスタントコーヒーや、紅茶などが楽しめます。マグカップの価格は1個15~50ペソ(39円~130円)ほどのものが多いので、フィリピンで購入するのが断然おすすめです。

    マグカップがあると便利
  • ビーチサンダル

    学校には、ビーチサンダル等で来ている人も多いので、留学中にビーチサンダルを購入する人も多いです。簡単なものだと100ペソ(約260円)前後、もう少ししっかりしたものでもお手頃なお値段で手に入ります。フィリピンの街は道路が悪く、歩きにくい場所も多いので、女性の方は歩きやすいサンダルなどを購入することがお勧めです。ただフィリピンのものは壊れやすいものも多いので、使い捨て感覚で購入するのがお勧めです。

    留学中はビーチサンダルでも
  • 英語学習以外にも、観光や遊び、食事等々フィリピンならではの魅力もたくさんあります。
    留学における必須テクニックや人気の観光スポット、最新レジャー内容やグルメ情報等、
    フィリピン留学だからこそできる情報を次項から詳しくご紹介しましょう。