語学留学に
便利な持ち物について

留学先で困らないために、『持って行ってこれは良かった!』『留学先であると便利なもの』を
ご紹介させて頂きます。
フィリピンであれを持ってくればよかった!!と
困らないためにも
しっかりと準備して留学に挑みましょう♪

困らないフィリピン留学の準備

  • 電子辞書

    授業でわからない単語等々を調べるときに便利な電子辞書も是非持って行ったほうがいいものの一つです。フィリピン留学に行く学生の90%以上が持参してきていると言われているほどです。コンパクトサイズで、英英辞書や、和英辞書、英和、類語などなど多機能なものが出ているので留学先での授業の際に大変役に立ちます。
    どーーしても忘れてきてしまったという場合は最悪英英辞書であればフィリピンでも購入出来ますが、日本に比べ高額なうえ、和英辞書や、英和辞書は日本でなければ手に入りにくいです。

    また持っていく辞書のポイントとしては、タガログ語、韓国語、中国語など英語以外の語学についての簡単な挨拶等のコンテンツがあるものがおすすめです。フィリピンには色々な国の人が留学に来ているのでかんたんな挨拶をかわすだけでも留学生同士の交流もより充実したものになります。

    最近ですと、スマートフォン用のアプリなどもあるかとは思いますが、フィリピンでは、インフラ環境が弱く、学校でのWi-Fiについても日本ほど快適でない学校が大半です。利用に際し、かなりのストレスを感じることもあるかと思いますのであまりお勧め致しません。

    電子辞書も留学先で役に立ちます
  • 文法の参考書

    英語用の教材を用意している学校もありますが、文法解説や、単語帳などを持参すると役立つ場面は多いかと思います。フィリピンでは、日本語で書かれた参考書やテキスト等はなかなか手に入りませんので、普段使用しているものを持参されたほうがいいかと思います。

    また、TOEICなどの資格試験に際しては、留学で習得できる会話力以外にも、文法等の知識が重要になりますので、そちらは平行して自習を行うことが効果的です。

    文法の参考書もぜひ留学に
  • 目覚まし時計

    意外に見落としがちなのですが、留学先での授業は朝からありますのであると便利です。携帯のアラーム等でも代用可能ですが、部屋には目覚まし時計はないので、なるべく持参することをお勧め致します。

    留学先での授業のために
  • デジタルカメラ

    留学先での思い出作りに写真は欠かせません。特にフィリピン人は写真を撮るのが好きな方が多いです。ですので、デジタルカメラはコミュニケーションツールとしても有効です。
    また、フィリピンのショッピングセンター内にも、メモリーカードから数分で写真の印刷が出来る機械がありますので、現地で現像して楽しむことも可能です。

    ただ、CDRやメモリーカードなどフィリピンで買うと高いですので、そちらも日本から持参することをお勧め致します。

    留学先での思い出作り
  • 常備薬

    慣れない留学生活はなにかと体調を崩しやすいもの。風邪薬、下痢止め、胃薬、頭痛薬など常備薬を持参していくと安心です。日本製の薬をフィリピンで購入することも可能ですが、高額になるためあまりお勧め致しません。フィリピンで購入する外国製のものは日本のものと比べ成分が強すぎて身体に合わなかったという方もいるので、やはり普段服用し慣れているものを持参したほうがいいかと思います。
    また、町の中心部では、排気ガスが気になる方もいらっしゃいます。うがい薬や、のど飴、のど用のスプレーを持参すると重宝します。また目薬等もあると便利です。

    フィリピンは暑い地域ですので、虫刺されを心配される方も多いと思います。ただ虫除けスプレーや蚊取り線香についてはフィリピンでも充実していますので、現地調達してもいいかもしれません。

    留学生活の常備薬
  • 折り畳み傘

    留学時期に雨期が含まれるのであれば折りたたみ傘を持参すると便利です。フィリピンでも、300円ほどで傘を購入することは出来るのですが、あまり品質が良くないため、すぐ壊れます。何度も傘を購入するよりも、お気に入りのものを一つ持参するほうがいいのではないでしょうか。

    留学時期が雨期なら折り畳み傘
  • トイレットペーパー

    実はフィリピンの語学学校や、宿舎内ではトイレにトイレットペーパーが備え付けられていないことがほとんどです。トイレットペーパーは現地でも購入できますが、留学先に到着直後持参のものがあると安心です。

    学内に売店がある場合は、1ロール15ペソ(約39円)前後で購入することも可能です。
    フィリピンでの生活に慣れてきたらスーパーなどに行ってお徳用のパックでの購入をするのがお勧めです。

    語学学校、宿舎内のトイレ
  • 日本食(ふりかけなど)

    留学先での食事が、口に合わず、久しぶりに日本食を食べると感動した!!との声も多くありますので、ふりかけや即席のお味噌汁などかさばらないものを持参するのもお勧めです。

    フィリピンでも、日本の食品を購入することは出来るのですが、輸入品となるため日本での価格に比べると2倍くらいの価格になり、かなり割高です。

    韓国系の語学学校では、辛く、味の濃いものも出ますので、あまりふりかけは使わなかったという声もあるのでお好みもあるかとは思いますのでご参考に。

    留学先での日本食
  • 是非、上記のリストを参考にフィリピンでの留学生活を充実したものにして下さい。