外国人と上手く
コミュニケーションを取るには

自分の伝えたいことを正確に相手に伝えるためには、表情や姿勢に配慮する必要があります。文化や言語が異なる外国人と、上手にコミュニケーションを取るための3つのポイントを紹介しましょう。

外国人と上手くコミュニケーションを取るには

笑顔であいさつをする

笑顔とあいさつはコミュニケーションを取る上で欠かせません。外国人であっても日本人であっても、笑顔であいさつをする人は好印象を持たれます。第一印象が良ければ、その後のコミュニケーションも円滑に行いやすくなるでしょう。目を見てあいさつをすれば、相手の気分を良くする効果が期待できるのです。コミュニケーションを取る相手とふと目が合った時にも、無視をされたと誤解されないために、軽く微笑むくらいの心の余裕を持つようにしましょう。

笑顔であいさつをする

堂々と話をする

コミュニケーションをとる姿勢として、堂々とした態度ではっきり話をしましょう。人によっては外国人に話しかけられると、苦手意識からおどおどしてしまうケースも少なくありません。しかしおどおどした態度では伝えたいことが上手く伝わらず、結果として意思疎通が図れないこともあります。そのため外国人とコミュケーションをとるには、間違いや失敗を恐れない心構えが不可欠です。

堂々と話をする

言葉だけではなくボディランゲージを使う

言葉、身体の動作で相手に意思を伝えるボディランゲージを使いましょう。身振り手振りで話をすれば、言葉だけではなく感情も伝わりやすくなります。ただし、国によってはボディランゲージの意味が異なることがあるので、注意が必要です。
例えば「オッケー」の親指を立てるジェスチャーは、ギリシャやトルコでは卑猥な意味を表すため非常に失礼なものになります。また日本人が写真撮影でよくする「ピースサイン」も、国によっては相手を侮辱する意味になるので気をつけましょう。

  • 上記で紹介した方法以外にも、自分の伝えたいことを相手に伝える手段は様々です。入力した言葉を異なる言語に変換してくれる翻訳ツールのような機器を用いるのも良いでしょう。ぜひ自分に合った方法を探し、取り入れて下さい。