フィリピンの天気や気候について

フィリピンは南国であるため、暑いというイメージを抱きがちですが、年間平均気温は26~27℃で、極端に暑いということはありません。高温多湿の熱帯モンスーン型気候で、季節風の影響により乾期や雨期などが存在します。

フィリピンの天気や気候について

フィリピンの気候と季節

フィリピンの気候と季節

フィリピンには12月~5月までの乾期と6~11月までの雨期があります。雨の少ない乾期はビーチで過ごすのには最適な時期です。雨期には激しい雨が降りますが、突然の豪雨の後に晴れることもあり、日本の梅雨とは少し様相が異なります。また雨期の時期に気を付けるべきなのが、道路の冠水や停電です。マニラ市内でも、連日雨が降ると街は水浸しになることも少なくありません。

ただし、同じフィリピンでも地方によって気候や気温は異なります。例えば標高1,500mあるルソン島北部のバギオやバナウエは年間通して涼しく、観光地としても人気のあるセブ島には雨期と乾期の明確な区別がありません。

台風シーズンには注意が必要

フィリピン近海は台風の発生源であり、雨期の7~9月は台風の上陸がとくに多くなります。フィリピンの気象庁は台風の影響が予想される地域に対して、通常1日に4回ほど、ホームページを通して警報します。台風の警報が発令されると公立の小学校は休みになり、警報のレベルによっては公務員も休みになります。船が主な交通手段となっている場所の場合、台風の警報が発令されると船がストップして移動ができなくなるので注意が必要です。

フィリピンでは日本の夏と同じ服装をしよう

フィリピンでは日本の夏と同じ服装をしよう

年間を通じて温かいフィリピンでは、日本で夏にする服装で問題ありません。ただし、11~12月ごろは肌寒く感じる気温の場合もあり、レストランやデパート、ホテルなどでは冷房が強いこともあるので、羽織るものを用意しておきましょう。また、豪雨に備えて、レインコートや折り畳みの傘などの用意も必要です。加えて標高が高いところに行く場合には上着を準備しておくことをおすすめします。

フィリピンに限らず、外国に行く際は、現地の気温や気候を知っておかないと、服装などによる体温調節もできず、体調を崩す原因にもなります。また地域によっても気候や気温は異なるので、その土地に合わせた服装を用意するようにしましょう。