ビジネス英会話は特殊?ビジネス上のコミュニケーションで求められること

将来的に海外で働きたい、英語を生かした仕事をしたいと考えている方の中には、ビジネス英語を勉強したいと思っている方も多いでしょう。日本語の場合、友達同士ではフランクな表現が使われ、ビジネス上では敬語が使われます。それでは、実際にビジネスシーンで使われる英語は、一般的な英会話の英語と何が違うのでしょうか?
今回は、ビジネス上の英会話コミュニケーションで求められることをご紹介します。

ビジネス英会話は特殊?ビジネス上のコミュニケーションで求められること

相手に不快感を与えない気遣い

  • 英語には敬語がないとよく言われています。確かに、日本語の「です」「ます」などのように語尾に付ければ何でも丁寧になるような表現はありません。しかし、できるだけ丁寧な表現や、それとは反対に聞く相手によっては不快感を覚える表現は英語にも存在します。
    どのようなビジネスシーンでも、相手に対して失礼のない言葉遣いを心掛けることが大切なのはいうまでもありません。相手に良い印象を与えて仕事をスムーズに進めるためには、使うべきではない英語を知っておくと良いでしょう。

  • スラングは使わない

    上記の「不快感を与えない」という意味でも、信用を失わないようにするためにもビジネスシーンでのスラングの使用は控えましょう。英語を勉強していくと、ネーティブしか知らないスラングを覚えて使いたくなるかもしれませんが、ふさわしくない場面での使用は無礼な印象を与えてしまいます。
    英語で仕事をする上では、基本的にスラングは必要ないと思っても良いでしょう。

    スラングは使わない
  • できるだけ丁寧な表現

    ビジネス英語では、丁寧な言い方をすることがよくあります。同じ意味でも、言い方が違えば印象は随分と変わるものです。以下に、依頼文において言い方が変わると、ニュアンスにどのような違いが出るのかをまとめました。


    Can/Will you do that? (それをやってくれない?)
    Can/Will you please do that? (ぜひそれをやってくれない?)
    Could/Would you do that? (それをやっていただけませんか?)
    Could/Would you please do that? (ぜひそれをやっていただけませんか?)
    Do you mind doing that? (それをやってもらっても構いませんか?)
    Would you mind doing that? (それをやっていただいても構いませんか?)
    Could you possibly do that? (なんとかそれをやっていただけますでしょうか?)


    その他にも、「~したいのですが」と伝えたい場合には、「want to」よりも「would like to」の方が丁寧です。

    また、関係代名詞を多用した複雑な表現も多く使われます。短文をいくつも続けて話すよりも、関係代名詞を使ってつなげた方がインテリジェントな印象を与えるためです。
    ただし、あまり丁寧すぎる表現(Could you possibly do that?など)を多用することはおすすめしません。英語でのコミュニケーションは、心地良い距離感を大切にします。さじ加減が難しいところですが、丁寧な表現を心掛けすぎると相手との距離が縮まりにくくなるでしょう。

正しい文法力

  • ネーティブ同士の日常会話では、文法を無視した「くだけた英語」がよく使われます。日本語で考えても同じことで、親しい友人同士だと正しい文法や言葉で話さないことも多々あるでしょう。極端な例でいえば、日本語で「本当ですか?」という言葉はくだけると「マジ?」という表現になりますが、上司や取引先に対してこのような言葉を使うと明らかに悪い印象を与えます。これと同じように、ビジネスシーンにふさわしくない英語を使うと仕事に支障をきたすかもしれません。
    特に、メールなどの文章で送る際には注意してください。

    会話の中で少しくだけた表現や間違った文法が出る分には、相手も単なるミスと思って流してくれることもありますが、内容を確認できるはずの文章で文法に誤りがあると英語力や注意力の低さを疑われてしまいます。

    正しい文法力
    • リスニング力とスピーキング力

  • ビジネスシーンでは、1つの単語の聞き間違い/言い間違いが大きな損益につながることも考えられます。それらを防ぐためには、高度なリスニング力とスピーキング力が不可欠です。

    リーディングやライティングは1人で行う作業のため、辞書を引いたり考えたりしながら進めることができますが、会話は相手がいて初めて成立します。話している相手はこちらに合わせてゆっくりと話してくれるとは限らないため、重要な部分を聞き逃さないようにリスニング力を高めておくと良いでしょう。


    また、ビジネスを行っていく中で、プレゼンテーションやミーティングを行う機会も多くあります。プレゼンテーションはその後の契約を左右するため、単語や言い回しの間違いが信頼度を失う原因にもなりかねません。そのため、伝えたいことを正確に伝えられるような文章を組み立てる力や、単語の正しいニュアンスの理解などが必要です。

    リスニング力とスピーキング力
  • おわりに

    今回は、ビジネス上の英会話コミュニケーションで求められることをご紹介しました。
    ビジネス英会話は決して特殊なものではなく、基本的には参考書に載っている正しい文法を使えば間違いありません。ただし、機械的に正しい英語を話すのではなく、相手との距離感を意識したコミュニケーションをとることが大切です。

    また、ビジネスシーンでは会話の中で重要な情報を聞き逃さないリスニング力と、正確に情報を伝えるスピーキング力が必要とされます。
    以上のことから、英語を使用するビジネスシーンでは、高度なリスニング力とスピーキング力を身につけた上で、好印象を与える正しい文法を意識することが求められるといえるでしょう。