ネイル講座コラム

09.ネイリストの給料はいくらぐらい

ネイリストのお給料と昇給

ネイリストのお給料は、ネイルサロンによっても違いますが、その地域や、営業形態により違ってきます。そして、もちろんネイルサロンで働くのか、その他の施設で働くのかによっても違います。まずはネイルサロンでのお給料についてご紹介します。

未経験者やアシスタントの期間は15万円前後からスタートする事が多く、一定期間、もしくは技術の向上により他の技術者と同じような金額へと変わって行きます。一般的に、ネイリストのお給料は25万円前後と言われており、そこから技術の向上や指名が入るようになる等の変化により、昇級または歩合制と言う形をとり、月々に上乗せしてお給料として支払われる事が多いようです。また、未経験者の場合アルバイトからとなる事も多く、その場合、時給を月給換算すると10万円前後となる事が多く、実家に住んでいる場合を除き、ネイリストの資格を取る前からサロンでの仕事を始めて数ヶ月間の生活費なども考え、貯金をしておく事をお勧めします。店長クラスになると40万円を越える額となる方が多く、大手のサロンの場合は50万を越える事もあります。

それでは、個人でネイリストとして働く場合はどうでしょうか。自宅や出張等、店舗を持たずに営業する場合に限って言えば、家賃などの大きな経費は削る事が出来、初期投資や月々の経費も多くかけずに始める事が出来ます。交通費は別にして営業されている方が多いので、働けば働いた分、お給料として入ってきます。自分の空いている時間、または副業として働いている方は10万円前後、本業とされている方は、30万〜60万円程。もちろんそれ以上稼がれている方もいます。月々入ってくる金額の差は、メニュー料金の差はもちろん、ひと月に働く時間、宣伝などによって生まれてきます。ただし、お客を取れなければ、月々のお給料は0円。これがネイルサロン持つ形での形態になると、家賃や諸経費で月々マイナスになってしまいます。

サロンで働くにしろ、個人で働くにしろお給料が上がるかどうかは、ネイリストとしての技術、その腕にかかっている物です。仕事時間だけでなく、個人での練習や講習を積極的に受け、その腕を磨いて行きましょう。また、サロンでの指名や、個人での予約を取る為には、接客も重要なポイント。同じレベルの技術者であれば、笑顔で挨拶が出来る、デザインアイディアが多い、ネイルやスキンケアに関する質問にもすぐに答え、アドバイスをする事が出来る事等でも差が出てきます。人としての基本的な事から、お客様がネイリストに求めるセンスを磨く事、常に美容に関する情報をアップデートしておけるよう、雑誌などを読むことを含め勉強を続ける事が大切です。

ネイリストに関わらず美容の技術職は、最初はあまりお給料が高くはありませんが、努力によって変える事が出来るというのも魅力です。ネイルサロンによっては、所謂ブラック企業と言われる所もありますので、契約時は聞きにくい事であっても、お金の話はしっかりしておきましょう。ネイリストを続け独立し、ネイル技術だけでなく、ライフスタイル等も含め美容全般で誰もが憧れるような、トップネイリストになる事もできるかもしれません。まずは、大好きなネイルを仕事に出来た事を楽しんで、日々の努力を重ねていって下さい。

コラム一覧へ戻る

全国30教室のネイルスクールだからあなたの街にもきっとある

近畿エリアのネイルスクール   大阪エリアはこちらから

中四国エリアのネイルスクール

九州エリアのネイルスクール


北海道・東北エリアのネイルスクール

関東甲信越エリアのネイルスクール

中部エリアのネイルスクール


ネイリスト・ネイルスクール(ネイル学校)ならヒューマンアカデミー