ネイル講座コラム

07.ネイリストの就職先ってどんな所

ネイルサロンだけじゃない!ネイリストが活躍する場所

ネイリストになろうと決心し、資格を取得した後にやってくるのが就職活動です。では、ネイリストとしての就職先はどんな所があるのでしょうか。

近年は、その増え方はなだらかになって来ていますが、未だ増え続けているネイルサロン。求人の数もネイルサロンからの内容が1番多く、毎年資格を取得した新米ネイリストの多くがネイルサロンへ就職をしています。

同じ美容を扱う美容院でも、ネイルメニューを取り入れている所が増えており、ネイリストの就職先としての人気も高いです。カット、パーマ、カラーリング等、ヘアーのメニューをしている間にネイルを同時進行で受けられる為、忙しいお客様にも人気があります。しかし1店舗に対して美容師程の人数を取る所は少ないのが現状です。

エステサロンやリラクゼーションサロンでも、ネイリストを採用している所があります。ハンドやフットケアとトリートメントをメインとし、カラーリングやネイルアートも扱っているというような事が多いです。

結婚式場やブライダル関連の施設もネイリストの就職先として人気があります。デザインや色味を大きく遊ぶようなネイルアートを施す事は、ほとんどありませんが、人生で一番幸せな時間とも言える結婚式を、より幸せな時間にするためのお手伝いが出来る素敵な就職先とも言えます。

少し変わった所で言うと、スーパー銭湯や温泉旅館などにもネイリストを採用している所もあります。スーパー銭湯で食事やマッサージなどを楽しむのと同じように、ネイルケアやアートを楽しまれるお客様もいます。温泉旅館では、お部屋などでマッサージを受ける事が出来るサービスは昔からありますが、ネイルも同じように受けられるようになっている所もあります。

ネイルの資格を取ってスグに現場へ!と言うことはありませんが、ヘアメイク、スタイリストと同じようにテレビや雑誌の撮影現場で活躍するネイリストも存在します。ネイルサロンから撮影現場に呼ばれるネイリストもいますが、メイクアップアーティスト事務所に所属すると言う道もあります。どちらにせよ、ネイルサロン等でキャリアを積んでからと言う事になりますが、よりクリエイティブな世界で働きたいと思っている方は、将来の就職先として考えるもの良いのではないでしょうか。

その他にも、自ら開業し自宅にサロンを開いたり、フリーネイリストとして出張等の仕事をなさる方もいます。また、就職後のお休みや、就職するまでに実践を積むと言う意味でも、ボランティアで老人ホームやケアセンター等でネイリストとして活躍されている方もいます。

ネイルは特別な日の物、自分で爪を塗るのではなくネイリストに施術してもらうのは特別な事だった時代は、すでに昔の事となり、今は誰もが当たり前のようにネイルアートを楽しむ時代となりました。そのため、占いとネイルを組み合わせていたりなど、考えもしないような場にもネイリストの活躍の場があったりします。求人情報から就職先を探してみるもよし、まだ誰も始めていないような日常の物とネイルの組み合わせを考え、新しい仕事の場を自ら作り出す事も不可能ではありません。

コラム一覧へ戻る

全国30教室のネイルスクールだからあなたの街にもきっとある

近畿エリアのネイルスクール   大阪エリアはこちらから

中四国エリアのネイルスクール

九州エリアのネイルスクール


北海道・東北エリアのネイルスクール

関東甲信越エリアのネイルスクール

中部エリアのネイルスクール


ネイリスト・ネイルスクール(ネイル学校)ならヒューマンアカデミー