日本語教師|ヒューマンアカデミー

自分がみつかる&あなたが輝く日本語教師のお仕事とは?

 日本語教師は、日本語、そしてそれを教える技術が必要です。しかし、それだけではありません。日本語学習者にとって日本語教師の存在は、日本語を教えるだけでなく、日本の文化や歴史、生活習慣などさまざまなことを伝える役割を担っています。
経済のグローバル化、海外からの人材の流入など、日本語教師の存在がかってないほどクローズアップされている今、従来のように“日本語全般”でなく、ビジネス日本語や医療・介護日本語など、必要とされる日本語もより細分化、より専門化しているからこそ、活躍の幅が広がってきたと言えるでしょう。
また、日本語教師は、年齢制限がない稀有な仕事。目指すのに“遅すぎる”ということはありません。子育てが一段落して、定年退職後に、と始められる受講生も大勢います。
国内はもとより海外からの求人も多い日本語教師。はからずも地球規模で仕事ができるやりがいのある仕事です。

国内の日本語学校

 さまざまな国籍、年齢、目的の外国人が在籍する日本語学校。現在、日本語教師が活躍する最もポピュラーな現場です。日本語を教えるだけでなく、学校・採用内容によっては、進路指導や試験対策、留学生の様々な相談への対応も行います。また、出欠管理やレクレーションの企画など、教務に関する業務をも担当します。

海外の日本語学校

 ビジネス日本語の必要性の高まりはもちろん、最近ではアニメやマンガ、ガールズ文化などサブカルチャーの領域から、日本語に関心を持つ人も増えてきています。
日本語教師は、生きた日本語を話し、日本文化を知る講師として大変重宝されます。「日本語教師が伝えること=日本の情報」であるため、その責任や使命は重大なものとなります。

フリーランス・派遣・ボランティア

 最近のビジネス日本語需要を受けて、フリーランスや専門の人材派遣会社に登録して日本語を教えるスタイルも拡大してきています。主に日本で働くビジネスマンを対象に、各企業に赴いて教えます。日本語教師がこのような派遣会社をたちあげる例も増えており、クライアントの募集といった授業以外の営業スキル、経営スキルなど、学校運営にかかわるスキルも必要となってきます。
 地方自治体や民間のボランティア団体が実施する日本語教室では、生活や地域に根づいた日本語教育が行われています。同じ地域住民として外国人が自立した生活を送るためその日本語習得を支えています。
また、海外では青年海外協力隊(20〜39歳対象)やシニア隊員(40〜69歳対象)が有名です。これらは、JICA(国際協力機構)から生活費の支給を受けながら、派遣国に貢献するプログラムです。また自費負担にはなりますが、小中高校の日本語教育のアシスタントプログラムに参加する方法も。ボランティアながら教師経験を積むことによって、次のステップアップへの足がかりにつながります。

TOPICS 日本語教師の今

 日本国内における日本語教育機関・施設で学ぶ日本語学習者はこの10年で約1.6倍の伸びを見せ、さらにこれ以外にプライベートや企業内で日本語を学ぶ学習者を加えればかってない日本語学習者の増加が推測されます。
ビジネスのグローバリゼーション、企業の海外アウトソーシング化の加速などによるところが大きく、また、今後、要注目は、各国とのEPA(経済連携協定)に伴う人的交流の動き。2008年5月現在、まずインドネシアからの看護士・介護福祉士の受け入れが実現しそうな状況となっています。当然ながら、より専門的な日本語の習得が急務となってくるため、日本語教師の今後はより細分化、広がりを見せていくことでしょう。


通話無料 0120-15-4149
  • あれこれ聞いてみたい 個別カウンセリング
  • 体験してみたい 無料体験セミナー
  • 講座のお問い合わせ
  • 講座の申込方法
北海道・東北エリア
関東甲信越エリア
中部エリア
近畿エリア
中四国エリア
九州エリア

通信講座で学ぼう!ヒューマンアカデミー通信教育センター 英語コミュニケーション能力判定テスト

全国30教室の日本語教師スクールだからあなたの街にもきっとある

近畿エリアの日本語教師スクール

中四国エリアの日本語教師スクール

九州エリアの日本語教師スクール


北海道・東北エリアの日本語教師スクール

関東甲信越エリアの日本語教師スクール

中部エリアの日本語教師スクール


日本語教師・日本語教師能力検定を目指すならヒューマンアカデミー