フラワーデザイナー|ヒューマンアカデミー
フラワーのトップ › フラワーのお仕事とは?
自分が見つかる&あなたが輝く
フラワーのお仕事とは?

フラワーをお仕事にするなら?

家庭を持ったあとに自宅でスクールを開いたり、子どもが手を離れてから改めて現場で活躍したり、経験を生かしてインストラクターとして後輩の指導にあたったり。スタンスが変わっても、いろいろな経験を活かしながら「ライフワーク」として一生続けられるお仕事であることが、フラワーのお仕事の大きな魅力です。ただし、フラワーをお仕事にするには、趣味で楽しむ場合とは異なるスキルが必要になります。
たとえば
フローリスト・フラワーデザイナー
お客さまのご希望をうかがう接客から、イメージ通りにすばやくアレンジやラッピングを行い販売する仕事です。
お花の知識(ex. 種類・特性・メンテナンスなど)
冠婚葬祭で使われるお花などお客さまにアドバイスする ほか
アレンジの知識・技術
お花を置く場所・贈られる相手に合ったアレンジをつくる ほか
色の知識
色の組み合わせ・お客様の希望する色を活かせる配色を提案する ほか
ウェディングフラワーコーディネーター校
新郎新婦と会場のイメージから、ご希望に沿う会場装花やブーケ、新郎のブートニアなどをコーディネートします。
お花の知識(ex. 種類・特性など)
お客さまに最適なお花や流行のお花をアドバイス
アレンジの知識・技術
ドレスに合うブーケや会場装花をコーディネートする
ブライダル全般の知識
色の知識

色の組み合わせ・その人に合う色(パーソナルカラー)を提案する ほか
フラワーレッスンプロ フラワーアレンジメントを指導。専門学校・大学などの講師や、自宅開業の道もあります。

より豊富なお花の知識・情報力
基本的な技術や応用力を受講生に指導する

+
そのほか、プロとして必要なスキル
□接客・コミュニケーション能力
お客さまが望んでいるイメージを的確につかみ、提案する
□仕入れ価格に見合ったお花選び
ご希望の予算内で最大限美しいアレンジをつくる
フラワーショップでのお客様の傾向
(ヒューマンアカデミー調べ)
お花を購入する際、種類や色などにこだわりをもって選ぶ人が多いようです。
色の指定    花の種類の指定
珍しい花の指定
フラワーショップでのお客様の傾向
(ヒューマンアカデミー調べ)
以前
ほとんどのお客さまが結婚式場のカタログ通りに注文していました。
現在
ブライダル情報の増加・多様化によりお客さまの要望の幅が広がっています。
・結婚情報誌を持参し「これと同じアレンジをつくってほしい」
・同じ白い花でも「純白」「オフホワイト」「グリーンがかった白」を選別

  • あれこれ聞いてみたい 個別カウンセリング
  • 体験してみたい 無料体験セミナー
  • 講座のお問い合わせ
  • 講座の申込方法
 

フラワーデザイナーを目指すならヒューマンアカデミーのフラワー講座

human