カラーのお仕事とは?

カラーの活かせる業界とは?


とても奥深い「色」の世界

人の心にさまざまな影響を与える「色=カラー」。その働きは、近年ますます幅広い分野で注目を集めています。そして「色」の世界を学ぶことで、もっともっと「色」が楽しく、おもしろくなり、あなたの未来をよりカラフルにしてくれます。
ネイルカラーコーディネーター
今、大流行のネイルアート。その人の肌の色やイメージにあわせたネイルカラーを選んだり、遊び心溢れるデザインを作り出すには、カラーの知識が役立ちます。同じネイルでも色の組み合わせが違うだけで仕上がりのイメージが違います。



フラワーカラーコーディネーター
花嫁が持つブーケや記念日・お祝いに贈る花束やフラワーアレンジ。豪華な感じ、かわいい感じなど、イメージやシチュエーションにあわせたお花を作る際に色の組み合わせをうまく使う事でより自分が表現したいイメージのフラワーアレンジができるようになります。

ファッション(パーソナルスタイリスト)
常に流行色を生み出し様々な分野に影響を与えているファッション業界。近年では、髪の毛、肌、瞳の色などから、その人に一番似合う色(パーソナルカラー)を診断し、ヘアメイクからファッションに至るまでをスタイリングするパーソナルスタイリストが注目されています。


パーソナルスタイリストの仕事について、詳しくは
今、話題のお仕事密着!パーソナルスタイリストのお仕事
ブライダルカラーコーディネーター
ブライダルでは、実に多彩なアイテムが様々な場面を飾ります。インビテーションカード、ブライダルドレス、ブーケ、アクセサリー、テーブルウェア、フラワーディスプレイ。感動のブライダル演出にカラーは重要な役割を果たします。



WEB
WEBサイトを作成する際に商品イメージを色で表現したり、見てもらいたい情報を伝えやすくするために配色技法や色の効果はとても重要です。WEBデザイナーはページのデザインをする時に、WEBディレクターはデザイナーやクライアントに提案する際に色の基礎知識があると、仕事の幅が広がります。


インテリアカラーコーディネーター
心地よい空間づくりに欠かせないカラー。商空間・住空間それぞれのコンセプトに合わせた壁紙や家具、アクセントになる小物など雰囲気作りには欠かせません。インテリアコーディネート、店舗アドバイザーなどのお仕事で色の知識があると仕事の幅が広がります。



フードカラーコーディネーター
おいしい食事「味覚」に加え、お店づくりに関わる看板や洗練された空間作りからメニュー開発・盛り付けまで色の心理効果を使った「視覚」演出は大きな満足度とリピートにつながります。


メイクアップカラーコーディネーター
メイクはファッションやTPOにあわせて、個性をさりげなく表現します。「大人っぽく」「健康的に」「顔に立体感をもたせて」などどこにどの色を使うかでその印象は大きく変わります。


出版・印刷・写真
ターゲットや企画内容に合わせたデザイン・配色はイメージづくりに必須のテクニック。季節感の演出や視覚効果を合わせることで読者の目に留まりやすく共感も生み出します。


メーカー・製造業(パッケージデザイン)
食品・ドリンク・化粧品などの商品パッケージは見た瞬間にその商品が何であるか伝えます。味、食感、効き目などを表現するのに色が大きな役割を果たします。


メーカー製造業(プロダクトデザイン)
ヒット商品の秘訣はカラーバリエーション。どんなカラーをシリーズにするかによって商品の印象や売れ行きが変わってきます。



医療・福祉(カラーセラピー)
カウンセラー・セラピストなど色彩心理に基づくカウンセリングとヒーリングなどに色の知識が役立ちます。




小嶋 真知子講師に聞く「カラー業界のいま」
色への鋭い感性とプレゼンテーション力が重要
 カラーはあらゆる分野にかかわってきますので、カラーの知識を生かせる仕事とその成功法は多岐に渡ります。
 企画や商品開発では、CI(コーポレート・アイデンティティ)を表すためにどういう色の組み合わせでアプローチするか、ブランディング計画を立てます。また、コマーシャルやプロモーションの市場性を分析し、カラーの方向性をからめていくのが仕事。環境では、建築物のカラープランナーとして環境色彩にかかわり、公共施設や住宅について、周辺の環境を重視して色彩調査を行っていき、ファッション界では流行色を分析して発信します。ファッションデザイナーとプロジェクトを進めることも。イメージコンサルタントは、パーソナルカラーを含めたトータルコーディネートを担当。ブライダルでは、結婚式場などでコーディネーターとプロジェクトを組んでいる方もいます。またインターネット業界では、目にやさしい色をプランニングするという需要が高まっているのも事実。
 求められるのは、色に対する鋭い感性と質の高いプレゼンテーション力。常に社会的なことやトレンドに関心を持ってアンテナを張り、自分なりのカラーデータを収集しておくことが大切です。
 色彩検定は、カラーの基礎的な理論や各分野といかに連動していくかという、ふみこんだ内容になっています。専門理論を幅広く習得したことを保証するライセンスです。今のお仕事に生かすこともできますし、就・転職活動にも大きな役目を果たすでしょう。
カラー講座 講師 小嶋 真知子
こじま まちこ
カラーコンサルタント。武蔵野美術大学デザイン学科卒業。ディスプレイデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザインなどの仕事に従事。商品パッケージ、広告、出版物の色彩戦略などに携わる。
通話無料 0120-15-4149
  • あれこれ聞いてみたい 個別カウンセリング
  • 体験してみたい 無料体験セミナー
  • 講座のお問い合わせ
  • 講座の申込方法
北海道・東北エリア
関東甲信越エリア
中部エリア
近畿エリア
中四国エリア
九州エリア

通信講座で学ぼう!ヒューマンアカデミー通信教育センター 国際カラーデザイン協会 英語コミュニケーション能力判定テスト

全国30教室のカラーコーディネーター、パーソナルカラースクールだからあなたの街にもきっとある

近畿エリアのカラーコーディネーター、パーソナルカラースクール

中四国エリアのカラーコーディネーター、パーソナルカラースクール

九州エリアのカラーコーディネーター、パーソナルカラースクール


北海道・東北エリアのカラーコーディネーター、パーソナルカラースクール

関東甲信越エリアのカラーコーディネーター、パーソナルカラースクール

中部エリアのカラーコーディネーター、パーソナルカラースクール


カラーコーディネーターを目指すならヒューマンアカデミー