チャイルドマインダー養成|ヒューマンアカデミー
保育士/チャイルドマインダーコース一覧チャイルドマインダー › BTEC認定チャイルドマインダー養成講座 講座概要
BTEC認定チャイルドマインダー養成講座
  • 講座概要
  • 開講校舎
ポイント
BTEC認定校のチャイルドマイダー講座


イギリス発祥のチャイルドマインダー。
ヒューマンアカデミーは、日本で初めて本場英国の職業スキルの基準を満たす「BTEC認定チャイルドマインダー養成スクール」として認められました。大切なこどもをお預かりするプロフェッショナル養成校の証明です。

授業・筆記試験を通して一定基準を満たした方には「BTECレベル3認定証」が発行されます。

【BTEC とは】Business and Technical Education Council の略で、その人のもつ職能のレベル(どんなことができるのか)を保証する資格です。英国政府が認可する最大の資格付与団体・Edexcel によって提供され、英国内はもちろん、ヨーロッパ各国やアジアなど、世界各国で導入されています。2011年4月、日本で初めて認定されました。
>>BTEC認定について
こどものプロフェッショナル1

−乳児期から学齢児童期(0歳から12歳)を学ぶ−


乳幼児はもちろん、小学校進学後の学齢期は身体だけでなく情緒や社会性など、その後の人格形成にもつながる重要な発達・成長期です。

成長段階ごとの特性や問題について理解し、常にこどもの目線になれるように、こどものメッセージを受け取るトレーニングを通して、こどもの発達・成長を支える言葉遣いや接し方、態度といった、コミュニケーション方法を考え、その感性を身につけます。
こどものプロフェッショナル2

−実践で「実際にできる」ようになる−


イギリスのように個人を大切にする保育観を養い、実践で「実際にできる」ように、豊富なケーススタディによるトレーニングが充実しています。

★トレーニング例1★
−親と別れる時に大泣きして、その後なかなか泣き止まない1歳6ヶ月男児

Q1:親と別れる時に大泣きする乳児の気持ちを考えられるだけ推測してみましょう
Q2:乳児の今の気持ちを受け止める対応(チャイルドマインディング)を考えましょう
Q3:泣きやまない乳児をどのような方法で落ち着かせますか
こどものプロフェッショナル3

−小児救急救護法国際認定カードを取得−


国連世界安全機構が承認、世界140ヶ国で採用されている「MFA専門プログラム小児救急救護法」を履修。12時間のカリキュラムなので緊急時の救急救護だけでなく、乳児から学齢児童の特徴的な病気やケガの対処法の特殊性と予防について習得します。

【主な内容】
*応急手当とケア
*かかわる人の安全
*心停止のためのCPR
*AEDの操作と注意事項
*出血のコントロール
*ショックの管理
*異物による気道閉塞
*重大な病気の警告兆候
*重度の受傷機転
*チャイルドケアトピックス
など
こどものプロフェッショナル4

−ビジネスとしてのチャイルドマインディングを学ぶ−


自分の理想とする保育を、その時々のライフスタイルにそった形で仕事として続けていけるのがチャイルドマインダー。

託児所開設、訪問保育、一時預かりといったプロとしてのビジネススタイル、安全・リスク管理や、ビジネスモデルを学びます。
近所のこどもを有料で預かる、自宅開業するなど受講生一人ひとりの次の段階に進むサポートをします。


【カリキュラム概略】

・オリエンテーション、TAテスト
・チャイルドマインディングとは/・チャイルドマインダーの家庭支援/・チャイルドマインダーの役割
・乳児のチャイルドマインディング/・乳児実習
・幼児のチャイルドマインディング/・学齢児童のチャイルドマインディング
・モラルとルールマインディング/・現代のこども社会とその支援/・セルフマインディング
・親とのコミュニケーション/・こどもとのコミュニケーション
・遊びの環境づくり/・遊びの実習
・食環境づくり/・こどもの健康管理
・安全環境づくり
・チャイルドマインディングプラン
・ビジネスプランイントロダクション/・ビジネスプラン/契約
・小児救急救護法

*カリキュラム修了後に「チャイルドマインダー認定試験」を受講していただき、合格者の方へ「認定証書」を授与いたします。
時間数・料金
受講回数 120分×24回 / 62時間
入学金 30,000円(税込 32,400円)
授業料 292,000円(税込 315,400円)
支払方法 現金持参 / 銀行振込 / 教育ローン
ローンシミュレーション
※受講期間は選択されたコースによって異なる場合があります。
※教材費は受講校舎によって異なる場合があります。
思い立ったら 今すぐ 0120-15-4149
  • 講座説明会
  • 体験セミナー
  • 講座予約申込み